立浪草かも・いまだ半信半疑

花の形が泡立って寄せる波に似ているそうで、それで「立浪草」(タツナミソウ)と呼ぶ・・調べてみると、そう書いてあった。

写真は一株の花に絞って撮ってしまったから、名前の根拠を裏付けるほどの説得力はないのに等しい。

しかし、実際にその場で写真を撮っていた僕は幾重にもなった花や周りに多く点在する彼らを同じ目線でじっくりと眺めている。

すると、ちょっとオーバー気味な感じではあるが、その名前の由来が何となく分かってきたのだった。

もっとも、手拭いの染め柄に「古典柄」というものがあって、その中の「青海波」のほうがよりピッタリする感じだったけど。

立浪草の「立」は花序が階段状に見えることから波が繰り返し押し寄せる様子を表しているのだろう・・などと蚊に刺されながらもそれに耐えてフムフムと考えていたのでありました。

でもでも、どうしてもネットや図鑑で調べてみた姿と比べ、彼のほうはかなり貧弱に感じるなぁ~。

ホントにそうなの?いまだ半信半疑なのであります。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3   阿賀野市 2日撮影

高齢者運転

傷ましい事故が連日報道されてますが、私もあわやの瞬間を目にした。

乗用車に続いて走行中の私は、前車の急ブレーキに反応してブレーキを踏んだ。

どうした?

前車のその前を走るお年寄りの方が運転する車がコンビニを通り過ぎてしまい、入りたいがために停止、さらにバックしだしたのだった。

後続車両にどんな危険を及ぼすか全く頭になかったのだ。

自分だけの世界になっちまってんだな。

前車も私も十分な車間距離をとっていたから、追突は避けられたが、もしも後続車両が大型トラックだったら、間違いなくガッチャ~ンだっただろう。

こりゃぁ、早急な対策が必要!ああだ、こうだ、なんて言ってられない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眩しい鳥屋野潟

誕生だね オオヤマトンボ

関連記事

  1. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. 春待つシジュウカラ

    迎春 本年も宜しくお願いいたします。「酉年」ということで、昔…

  4. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  5. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  6. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  7. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。