ミツバツツジは振り向いてくれない

先月27日の撮影ですから、今は既に花落ちて、その盛りの姿はありません。

新緑にこの花の色は醒めるように映え、花が無くなった後でもこの場にやって来ると、当時の姿を重ねて眺めてしまいます。

それほど「記憶に残る色彩」です。でも「記憶に残る写真」ではありません。

これまで幾度となく撮影しているのですが、背景がうるさかったり、花の色が濃すぎたり、花そのものが生気を感じないほど萎れていたりして。

それでも撮るには撮る。

けれでもやっぱり駄目なんですね。

分かるのです。

「全然面白くないや~」となって、撮影済みフィルムを帰り道、立ち寄ったコンビニのゴミ箱に捨てたりしてました。

写真

このフィルムは捨てなかった。

現像に出してチェックもした。

だから此処にあるのですが、今回はほぼ同じ画角で180㎜レンズと40㎜レンズで撮り比べてみたのでした。

望遠レンズで撮影したのは背景がボケてその緑が綺麗。40㎜レンズは背景はさほどボケず、また近づいたぶんだけ花の粗が目立った。

でもこれが良いなと。

当日は雨が降っていて、その中で緑とこの花の色は鮮明に焼き付いた。

「記憶に残る色彩」となりましたが、「記憶に残る写真」となると、また来年への持ち越しとなりました。

次回は振り向いてくれるのでしょうか。いや、その前に振り向いてくれるような術を身につけないといけないのかも。

RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40f/2 SLⅡs NikonF3  阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

力強い春

辛うじてこの1枚・大岩鏡

関連記事

  1. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

  2. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  3. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

  4. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  5. 葉っぱが動く?

    山の入り口を歩いていたら、葉っぱが動いた。すぐに立ち止まって、その方を見や…

  6. ネコヤナギにシジュウカラ

    ネコヤナギにシジュウカラがとまってくれました。雪が消え、ネコヤナギが…

  7. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  8. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。