天女の羽衣・シラネアオイ

胎内市・金峯神社のシラネアオイ

先月20日の撮影です(大大大連休中で現像できなかった)。

胎内市の金峰神社(きんぶ・・と読むのかな)ですね。石段下段にモジャモジャ生えていたその中の一輪になります。

手で触ったり、その近くへと踏み込んだりすると罰が当たる雰囲気プンプン。

頭上高く枝を広げたコブシかタムシバの樹木には「汚れた人間はあっち行け!」と静かなんですが凄みの利いた低い声で促されているようで、此方はかなり緊張気味に撮影したのでありました。

「霊感」なんてあまり信じない方なんですが、ここに来ると、やっぱり波動の違いを感じてしまいます。

それだけ背後に控える山は信仰の山だったのでしょうね。

その山の名前は高坪山。

でも此方の地域から拝んだ山は蔵王山。

「蔵王」とは修験道の山であって、その山の麓の神社はだいたいは御嶽とか金峰とか金峯なんかの名前の神社になるのだそうだ。

そんなこともあって、このシラネアオイは天女みたいに見えてくるのでしょうか。花ビラにしても葉にしても薄いし、壊れそうだし天女の羽衣に思えてくるのです。

写真なんですが、石段に額を押し付けるように撮ってます。

背後のピンク色は仲間の花びら。

花びらをほぼ逆光で透かすように撮ってみました。羽衣みたいな雰囲気があらわれていれば良いのですが。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

令和の時代・初日の出

サンカヨウ・新潟県阿賀町光と戯れるサンカヨウの花

関連記事

  1. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. 春待つシジュウカラ

    迎春 本年も宜しくお願いいたします。「酉年」ということで、昔…

  4. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  5. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  6. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  7. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。