杭とサギ

2015年5月30日(土)撮影

既に掲載済みの”光る雲”の約10分後に撮影。

上沼橋の欄干に移動して三脚をセットしていると湖面から突き出た杭にサギが舞い降りてとまった。

この杭ではよくサギがやって来て羽根を休めているが、近くに人がいると”着地”する前に気づいて逃げていく。

「俺に気づいて飛び立つだろう」と気にも止めずに準備していたが飛び立つどころか羽繕いをはじめた。

杭はいつもは邪魔な存在で、此所での撮影ではこの杭を構図から外して撮影しているが、ちょっこらレンズを向けて覗いてみることにした。

首をクネクネさせてはお腹の辺り、羽根を拡げては”脇の下”の辺りを嘴でグイグイとやっている。

ピントを合わせてその様子を観察していると突然ピタッ。

「何だろう」とサギが向いた方向を見やると例の元気の良い叔父さんがサギに気づいて近づいてきます。

サギに緊張が走ります。

さあどうする・・。

勿論、飛び去っていきました。

写真はサギが羽繕いを中止し、真横を向いた時にパシャリ。

RVP100 105㍉F値11 NikonF5兄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シモツケ

時候雑記-5

関連記事

  1. 紅差す鳥屋野潟

     金星が東の空低く輝いている中、闇夜が静かに割れていく。星を撮影しようと上沼…

  2. 鳥屋野潟のコムラサキ

    17日、夜明けの鳥屋野潟を撮影しようと出掛けたが雲が厚い。諦めて、そ…

  3. 朝焼と空き缶

    2016年4月23日(土)午前4時40分撮影日ごろの習慣で目が覚める…

  4. 半ベソかいた鳥屋野潟

    デジカメやスマホは死ぬまで手にしない・・と、かなりの確率で思っていたが、フィ…

  5. 染まる鳥屋野潟

    台風12号が新潟から逸れた。ホッとしたが、テレビでその予想進路を知り、複雑…

  6. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  7. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  8. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。