冬野

夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろう」と瞼を閉じたら、1時間近く目が開かなかった。

つまりは爆睡ということでしょうか。

目覚めた瞬間、「ここはどこ?」状態でしたねぇ。

ビックリしたんで、もたげた左脚を思いっきりダッシュボートの底パネルにぶつけてしまいました。

痛かったです、はい。

シャキッとなりましたけど。

写真

夜明けの光具合がどうだったかなんて知る由も無く、予め頭の中で“作画”しておいた場所でカメラを構えてみました。

この写真を撮った位置に立って、辺りを眺めるとやっぱり雪少ないですね。

雪面から突き出た枯草や黒い岸辺がごちゃついて見えてきます。

それで、目線位置をどんどん下げてみました。

できるだけ単純化したらどうかな、と思って。

もっともっと下げてみた。

しまいには伏せてみる。その状態で撮ったのがご覧の写真になります。

ちょっとは寂れた冬野のような、または抽象的な絵のような。

*最初はリバーサルフィルムを詰めたNikonF3、フォクトレンダー・ウルトロンレンズでじっくり撮影して、続いてGRⅡで。

デジカメはすぐに写真をアップできます。

当たり前なんですが、すんごいなぁ~。

RICOH GRⅡ   福島潟 3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

病み上がりに眺めた萬代橋は冷たい

萬代橋

関連記事

  1. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  2. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  3. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. 福島潟・夜明けの小舟 No.2

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  5. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  6. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

  7. 静かな夜明け

    2015年12月23日(祝)撮影 たなびいたすじ雲が少しずつ朱色に染まり出す…

  8. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。