冬野

夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろう」と瞼を閉じたら、1時間近く目が開かなかった。

つまりは爆睡ということでしょうか。

目覚めた瞬間、「ここはどこ?」状態でしたねぇ。

ビックリしたんで、もたげた左脚を思いっきりダッシュボートの底パネルにぶつけてしまいました。

痛かったです、はい。

シャキッとなりましたけど。

写真

夜明けの光具合がどうだったかなんて知る由も無く、予め頭の中で“作画”しておいた場所でカメラを構えてみました。

この写真を撮った位置に立って、辺りを眺めるとやっぱり雪少ないですね。

雪面から突き出た枯草や黒い岸辺がごちゃついて見えてきます。

それで、目線位置をどんどん下げてみました。

できるだけ単純化したらどうかな、と思って。

もっともっと下げてみた。

しまいには伏せてみる。その状態で撮ったのがご覧の写真になります。

ちょっとは寂れた冬野のような、または抽象的な絵のような。

*最初はリバーサルフィルムを詰めたNikonF3、フォクトレンダー・ウルトロンレンズでじっくり撮影して、続いてGRⅡで。

デジカメはすぐに写真をアップできます。

当たり前なんですが、すんごいなぁ~。

RICOH GRⅡ   福島潟 3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

病み上がりに眺めた萬代橋は冷たい

萬代橋

関連記事

  1. 白鳥は内股で歩く

    大きさは僕の手の平ほど。これで水かきがあるということは白鳥で…

  2. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  3. 出るかぁ~どうだぁ

     まさしく、題名の通り、日の出の瞬間です(4時半ぐらいかな)。ホントはもっと…

  4. タカアザミの花芽の下で

    タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。…

  5. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  6. 日の出光線

    久しぶりの福島潟。西側に位置する「遊潟広場」駐車場は轍が沢山あった。…

  7. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  8. 車輪

    撮影の実際福島潟にて撮影した。小径に沿って密集している。黄色い花がやけに目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。