新潟市内で眺めた雪の花

娘が学校に提出する『インフル治った証明書』にサインをいただくためお医者さんへ向かう際に立ち寄ってパシャリした。

市役所近くの桜並木は枝という枝が温かな雪の布団を抱き、それは遠くから見るとまるで花が咲いたかのような賑わいだ。

雪は確かに冷たいが、寒風に生肌を晒すよりはいいだろう。

娘はそれを車窓から眺めていて綺麗と感じたのだろう、寄れるなら寄ってくれと。

随分と元気になったもんだ。

あまり乗り気でなかったが、駐車場はガラガラだし、立ち寄ってみた(今ひとつ本調子でないのかな。寒いところに居たくない)。

数分眺めていたのですが、カメラを持っていることだし私もパシャッと。

風が吹いて垂り雪となって儚く消えていく前にこの目でとくと眺めておこうと。

ところが北国の冬は気まぐれなんですねぇ。

急に吹雪がやって来て、先ほどまで淡く白く輝いて見えた桜や建物は形を失っていくのです。

辺りは一気に暗く落ち込んで、すぐさま車に駆け込んだのでした。

RICOH・GRⅡ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全滅

年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

関連記事

  1. パレット墓場

    かなり強烈にビビッときて、「撮らなくっちゃ」となった。それなのに1枚…

  2. 青いタヌキ

    2015年9月27日(日)撮影自転車で通勤する際、ずっと気に…

  3. ”グローリー・モーニング”

    2015年5月26日(火)撮影「バ~ラが咲いた♪ バ~ラが咲…

  4. 朝焼けを白黒モードで撮ってみた

    新潟コンベンションセンター・朱鷺メッセ。今年最後の朝焼けはこ…

  5. モンブランとお坊さん

    街中を歩くなんて昨年までの僕には考えられないこと。人混みが嫌い、車の…

  6. 枯れ荒野

    冬がやって来たので、自転車通勤がそろそろ怖くなってきた。雨風…

  7. 寂れた冬がやって来る

    11日、爆弾低気圧の通過で雨、潮、砂、ごちゃ混ぜの嵐の中で撮影している。…

  8. 水屋猫

    家主には申し訳ないが、猫の額ほどの庭にシンク?洗面台?を備えた水屋が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。