新潟市内で眺めた雪の花

娘が学校に提出する『インフル治った証明書』にサインをいただくためお医者さんへ向かう際に立ち寄ってパシャリした。

市役所近くの桜並木は枝という枝が温かな雪の布団を抱き、それは遠くから見るとまるで花が咲いたかのような賑わいだ。

雪は確かに冷たいが、寒風に生肌を晒すよりはいいだろう。

娘はそれを車窓から眺めていて綺麗と感じたのだろう、寄れるなら寄ってくれと。

随分と元気になったもんだ。

あまり乗り気でなかったが、駐車場はガラガラだし、立ち寄ってみた(今ひとつ本調子でないのかな。寒いところに居たくない)。

数分眺めていたのですが、カメラを持っていることだし私もパシャッと。

風が吹いて垂り雪となって儚く消えていく前にこの目でとくと眺めておこうと。

ところが北国の冬は気まぐれなんですねぇ。

急に吹雪がやって来て、先ほどまで淡く白く輝いて見えた桜や建物は形を失っていくのです。

辺りは一気に暗く落ち込んで、すぐさま車に駆け込んだのでした。

RICOH・GRⅡ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全滅

年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

関連記事

  1. 街中の鳥居

    新潟市白山神社の鳥居、先月27日の撮影です。こんな天気が新潟の空にあ…

  2. 福寿草・パラボナアンテナ

    体調が回復してきたのか、傍らでビールをあおる女房が気になりだした。…

  3. 迷宮入りはゴメンだ

    外交問題、北朝鮮とアメリカの駆け引きが早くも始まった。日本政府は今後…

  4. 青・白・黄

    娘の迎え序でに新日本海フェリー埠頭へ。小樽行きのフェリーが停泊してい…

  5. ハイボール

    新しい生活様式なのか、最近は家呑みが流行っているらしい。「らしい」と…

  6. 三角タワーとクラゲ雲

    『入船みなとタワー』を袴付近から仰いだ図(5月23日撮影)。…

  7. 腐食するトタン

    ACROS 100Ⅱ cosina voigtlander ultron 4…

  8. 捻れたネットにゆく夏をかさねる

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。