W杯/日本対ベルギー ハーフタイムの福島潟

縞模様の曇がたなびいている。北から南へ、幾筋も。でも、頭の中はワールドカップが半分。撮影したこの時間帯は【0-0】のままハーフタイムに入っていた。

ガラケーワンセグで確認し、目の前で動き出した朝焼けと、西北の遠い地で戦う選手達を重ねて「いけるかも!」とかなり期待した。

写真は撮りたい、でもサッカーも観たい・・結局、朝焼けはこの時がピークで、急速に色素が抜けていく様を観て、撤収した。

車に戻ってラジオを付けたら【2-1】で日本がリード。試合は後半早々、一気に動き出していた(【2-0】で一時リードしていたのを後で知る)。

土手から下りて蓮畑の周りをゆっくりそぞろ歩いて、駐車場に到着する間に一体何が起きたのだろう?

この日は右目の定期検診がある。

メンタマの瞳孔を開く目薬を差されると、半日近くは目にする世界が眩しく、目が開けられなくなる。それで、診察前に撮影に来たのでした。

写真

24㎜の広角レンズを使用しています。

カメラは素のNikonF3アイレベル。出目露出値に対して+1段補正をかけた。このカメラはどちらかというと「スポット測光」が得意なようで中心部の明るさをかなりの精度で拾う。

真ん中が明るい構図だし、空という事もあって露出はこうしてみました。

結果はほぼ見た目通りの明るさになったような。

フィルムはフジのRDPⅢを使用しています。やっぱり素直な発色が売りなんでしょうか。眠たげな雰囲気もそのまま出ているようです。

ただし、ちょっと青みがかっているのが気になるのです。

ReversalFilm 3日未明  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

水玉とキイトトンボ

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのド…

  5. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  6. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。