額紫陽花

 額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。
小さな花が密集した塊を花序と言うがその縁の装飾が美しく発達します。
 梅雨時期の草木として定着したせいか青空やギンギラ太陽との組合せ
は想像しにくい。やっぱ、雨に濡れた感じがいいな。
 花序の縁の装飾花の色合いは土壌の成分で変化するらしい。
酸性やアルカリ性が関係しているのかな。
 過去写真 105㍉ 初掲載 胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬 シジュウカラ

時候雑記-3

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 金堂の五色幕

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3例祭…

  4. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  5. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  6. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  7. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  8. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。