額紫陽花

 額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。
小さな花が密集した塊を花序と言うがその縁の装飾が美しく発達します。
 梅雨時期の草木として定着したせいか青空やギンギラ太陽との組合せ
は想像しにくい。やっぱ、雨に濡れた感じがいいな。
 花序の縁の装飾花の色合いは土壌の成分で変化するらしい。
酸性やアルカリ性が関係しているのかな。
 過去写真 105㍉ 初掲載 胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬 シジュウカラ

時候雑記-3

関連記事

  1. キクザキイチゲ紫花

    関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさと…

  2. 雨蛙・祈りの時間

    『梅雨待ち雨蛙』をイメージして撮影に出掛けたが、『梅雨待ち』というよ…

  3. 粗目雪とふきのとう

    2016年3月中旬撮影 午後、約1年ぶりに関川村鷹巣キャンプ場にやって来まし…

  4. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  5. 記憶の中の消毒槽

    acros100Ⅱ cosina voigtlander ultron 40…

  6. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  7. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  8. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。