額紫陽花

 額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。
小さな花が密集した塊を花序と言うがその縁の装飾が美しく発達します。
 梅雨時期の草木として定着したせいか青空やギンギラ太陽との組合せ
は想像しにくい。やっぱ、雨に濡れた感じがいいな。
 花序の縁の装飾花の色合いは土壌の成分で変化するらしい。
酸性やアルカリ性が関係しているのかな。
 過去写真 105㍉ 初掲載 胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬 シジュウカラ

時候雑記-3

関連記事

  1. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  2. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶…

  3. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これ…

  4. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも、間一髪逃れ、…

  5. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  6. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中に入ってきたん…

  7. アメリカ コハクチョウ

     年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間のみ近…

  8. ヒメシジミ♂

    新しいテレビが我が家にやってきた。もう37型の大きさなんてないんですね。前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。