額紫陽花

 額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。
小さな花が密集した塊を花序と言うがその縁の装飾が美しく発達します。
 梅雨時期の草木として定着したせいか青空やギンギラ太陽との組合せ
は想像しにくい。やっぱ、雨に濡れた感じがいいな。
 花序の縁の装飾花の色合いは土壌の成分で変化するらしい。
酸性やアルカリ性が関係しているのかな。
 過去写真 105㍉ 初掲載 胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬 シジュウカラ

時候雑記-3

関連記事

  1. 山里のサル

     田んぼのあぜ道にドカッと座り込んで人様の仕事の様子を長い間、見つめていた一…

  2. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  3. 猩々緋の猩々袴

     ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ「漢字で“猩々袴”とあてながら“猩々…

  4. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  5. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  7. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  8. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。