額紫陽花

 額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。
小さな花が密集した塊を花序と言うがその縁の装飾が美しく発達します。
 梅雨時期の草木として定着したせいか青空やギンギラ太陽との組合せ
は想像しにくい。やっぱ、雨に濡れた感じがいいな。
 花序の縁の装飾花の色合いは土壌の成分で変化するらしい。
酸性やアルカリ性が関係しているのかな。
 過去写真 105㍉ 初掲載 胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬 シジュウカラ

時候雑記-3

関連記事

  1. ナガハシスミレ

    花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。歳を重ねるにつれ、寄り…

  2. きのこの子?

     キノコの名前は全く分からない。ナメコ汁は家でよく食べるが、もし袋詰めされて…

  3. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  4. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置…

  5. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

  6. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  7. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

  8. 命を紡ぐ大輪寺の菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。