縄を張るトンボ

小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺をうろつくと、また元の場所へ戻ってくる。縄張りでもあるのでしょうか。

だから、いない間にしゃがんで待っているとやって来て、止まった。

1/2等倍のマイクロレンズでも、あと少しだけ寄れたのですが、白っぽい石と背景の緑(クレソン?)との対比を意識して、こうした構図にしてみました。

2カット撮って、石をもう少し画面の中に取り入れてみようと、三脚の雲台を緩めて、カメラを下方に向けようとした瞬間に逃げられている。

主のいない石に向かって、カメラを左右上下に振って、適正な対比を考えてみましたが、やればやるほど、判らなくなりました。

ところで、このトンボの名前は何でしょう?

あまり名前なんか意識しないのですが、ハラビロトンボにしては細身だし、その♂にしては下部が黄色味を帯びている。その♀にしては黒すぎる。ハラビロトンボの若い♂かな、とも思ってしまう。

珍しいトンボでもないらしいのですが、ちょっと気になるなぁ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF3  5月中旬  新発田市

県展

昨日、昼前後に『県展』を観に行く。

写真部門が主でしたが、その写真部門の県展賞の作品、よかったです。

作者の目線・・・いい勉強になりました。

目線といえば、『写真判定』と題した作品がありました。どなたが撮影したかは忘れましたが、題名とその作品がピッタンコだし、「こんな見方もあるんだなぁ」と、これまた大いに参考になったのだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

名も知らぬ草

燃える鳥屋野潟

関連記事

  1. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

    • くわたろう
    • 2018年 5月 28日

    こんばんは。ハラビロトンボの若い♂で間違いないと思います。
    ピントが良くあっていて、トンボが背景から浮かび上がって見えて良いですね。
    以前は胎内市の小さな湿地で毎年見たのですが、近年はさっぱり見ません。
    新発田市の公園では毎年、今頃から見られますね。

    • この写真、ソコです。
      ピントなのですが合わせるのに悩んでいます。

      NikonF3のB型全面マットスクリーンは販売されている当時は「なんて、ピントが合わせやすいんだ!」と惚れ込んでいたのですが、NikonF5の見易さには叶いません。
      こんな被写体は1枚1枚、シャッターをチャージする・・という操作も面倒に感じる時があります。
      F3が好きなのに、とんでもない不満を言っていること自体、可笑しな話なんですけど。

      ハラビロトンボですか。若い個体はよく分かりません。助かります!

      そう言えば、この時なんですが、背景の湿地でギンヤンマが池の水の中に躰を半分ほど沈めて産卵してました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。