綿毛・小径沿いはタンポポの綿毛がたくさん・鳥屋野潟公園


2015年4月26日(日)撮影

鳥屋野潟公園”流れ”の小径脇。

岸辺の土手近く、タンポポの綿毛か沢山。丸く型崩れしてない綿毛に狙いを定めてパチリ。風が無く撮りやすかったが、ピントの位置決めにずいぶんと悩みました。

手前の種の部分に合わせるべきかそれとも、全体の輪郭部分に合わせるべきかどっちかなと。

取りあえず両方にピントを合わせたカットを数枚。

現像後のチェックで手前に合わせた方を載せることにしました。

話変わって、最近撮った時の思い入れがすごく残る。

仕上がりの確認で現実を見せつけられ相当ショックを受ける。

「フィルム無駄だったな」
「どうしてこれに熱中したんだろう」

と反省することが実に多い。

このタンポポもそう。

頭に思い描いていたイメージと仕上がりのそれとのギャップが大きい。

対象を冷静に見つめよう。
(対象を冷静に見つめなくともこの写真は下手くそ‥2023年1月中旬見直したら)

RVP100 105㍉ NikonF5

[ad#co-1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟の日の出・長いベロなんだよ。どんどん伸びてくる!

冬 シジュウカラ・樹皮の中に隠れた虫を探しに来たんだろうか?

関連記事

  1. 鳥屋野潟の朝・RVP100を-1段減感でお願いし…

    RVP100(-1減感) Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF…

  2. 寒雨・濡れ落葉は朽ちて尚、瑞々しく・ポジRVP1…

    最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇か…

  3. 鳥屋野潟 梅雨の晴れ間・水分をたっぷり含んでおり…

    梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。この時点で4時半をまわって、…

  4. 枯草色と赤朽葉 秋が深まり肌寒さを感じる・ポジ&…

    鳥屋野潟公園、花育・食育センター側一角での撮影。ここは夏の間、湖底の…

  5. 逆光に近い状況でイトトンボをマクロモードで撮影す…

    RICOH・gr3x雨上がりの鳥屋野潟公園をカメラ片手に散策した。園…

  6. 山茶花の宿は雪面だった・朽ち花が至る所に咲いてい…

    Ricoh gr3x暇つぶしほどでもない。鳥屋野潟はスポーツ公園自然観察…

  7. ほんのり紅が射す・静かな美しさを感じた鳥屋野潟の…

    この夜明けの色をどう表現したら良いのでしょう。小さいながらもインパク…

  8. 朝露キラリンチョ・レンズを絞らなければよかったか…

    2015年8月中旬撮影この種の湿地植物はどれもこれも同じように見え、区…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。