白花かたくり

 今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。
いともあっけなく見つけた。カタクリ、キクザキイチゲの中にポツンと。
稚児ユリのようで少々小ぶり。昨年の株と別の株かもしれない。
3,4メートル四方で3株の白花を見つけた昨年と違い、本日は一本のみ。
 土の中が温まりだしたらほかの株も姿を見せてくれるだろうと期待する一方で
盗掘に遭うのではと心配もする。私のそんな気持ちが顔色に出ていたのか
品のよさそうな老夫婦が近づいてきて話しかけてきた。
「姿を見せましたね」と。察して「ホッとしました」と答えると二人とも
にっこりとほほ笑んでくれた。互いに白花の行く末を案じていたんだな。

 RVP100 105mm NikonF5  2015年3月下旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

かたくりの花

紅差す鳥屋野潟

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  4. 千枚通しで突き抜けて

    専門的でややっこしい話は別として、この葉っぱ、「よっしゃぁ~」ってな勢いで残…

  5. 山里のサル

     田んぼのあぜ道にドカッと座り込んで人様の仕事の様子を長い間、見つめていた一…

  6. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  7. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。