初めてのツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンの♂。初めて観て、そして撮った。

SNSの投稿でよく見かけるし、図鑑でも「北国では越冬は出来ないが、ごくありふれた蝶」と書いてあるのに「なんで俺だけ見たことないんだろう」といぶかっていた矢先の出会いでございました。

ご覧の通り写真を眺めても「セイタカアワダチソウに翅が傷ついた蝶がとまっている」程度で『情緒』とか『感動』とかが全く沸いてこない。

ただ、こういう『駄作』があれば「次はどうしようか」と考える糧になる。

露出はぴったり嵌まったと思う。レンズの絞りf5.6で、¹/125秒で撮っていて、このデータは頭の中に蓄積される。「あの状況下の光加減の場合はこうだ」って。

構図は・・これが問題だ。「どうしてこうんな構図にしたのだろう」と考えてみた。暗く煩雑な“草木の足元”を画面から外したかったせいだ。でも背景がうるさすぎる。

「ゴミ場を漁っているみたい」と娘に言われたが、なるほどそんな感じがする。

ピントは・・ルーペで覗くとメンタマの中の小さなブツブツまで見える。完全マニュアル操作のレンズにしては「良く合わせられたな~」と自分で自分を褒めたい。

・・・そんな風にして「次はどんな出会いがあって、どう撮ろうか」と考えるのは実に楽しいことなのだが、なぜか「写真ばかり撮って!」とけなされる。

そんなこと無いんだけどな~

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 手持ち撮影 新発田市 10月中旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白む福島潟

雨雲

関連記事

  1. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. こんばんは。私も先日、西区の街中でメスを見かけました。
    初めて見たような気がしますが、はっきりとはわかりません。
    新潟では多くはないのだと思います。

    • ブログ、覗いていただき感謝します!
       2,3頭が乱れ飛んでいました。全部オスでしたが。五十公野公園、林の縁沿いです。
      昨年、同じ時期にミヤマアカネをたくさん見かけ、それを思い出して出掛けました。
      肝心のミヤマの姿はありませんで、コイツらやキタテハ、ヒメアカタテハが多かった。
      午後の温かな陽射しでしたが、風がうねっていて、マニュアルで撮るのは至難の業。
       メスですか。そちらの方がきれいな感じがします。
      福島潟で多く見かけるようでSNSでもそこで撮ったメスの写真が載ってます。
      でも、私はこの蝶自体、見かけたこと無いなぁ。時間帯の違いでしょうか。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。