極彩色な鳥屋野潟・出勤前の朝焼け撮影が限界を迎えた

出勤前の鳥屋野潟の朝焼け撮影、なんとか食らいついてきましたが、そろそろ限界となりました。日の出時刻が5時40分過ぎたので、撮影していると会社に遅刻する。

自転車通勤しているが競輪選手並みにペダルは漕げない。おまけに会社までには信号交差点が7カ所有る。『自転車利用五原則』は立場上、守らないといけないし。

これからの季節は朝焼けを背中に感じながら会社に向かう(方角の関係で)。これは鞭打ちの刑だ。撮りたくても撮れない・・喩えようもない空しい気持ちになる。

だから、曇ってしまえばいいんだ。諦めが付く。ただし、雨が降っては通勤に差し支える。天の神様には「そこんところ、よろしく!」と声を大にして言いたい。

写真は10月2日の月曜日に撮影している。

オォ~となる朝焼けだったでしょうか。フィルムだけでなく、己の両目にも焼き付けたのだった(片方が極端に悪く、眼鏡かけてもピントのヤマがつかめない)。

ところで、レンズの選択を誤った。焼ける範囲が上空の雲まで及ぶとは思わず、撮影前に35㎜広角レンズから50㎜標準レンズに変えていた。それが裏目に出たような。

色彩の鮮やかさに目がゆき過ぎ、全体の構図を疎かにしてしまった。

RVP100 AI-Nikkor 50f/1.2S NikonF5  上沼橋から

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

カマキリのポートレート・「カッチョ良く撮れよ!」・どうだ?

枯れ野に深山茜・阿賀町たきがしら湿原はトンボの楽園

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む