青カナブンと“金カナブン”

Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせがあった。

その1:ReversalFilm・・FUJIFILMのリバーサルフィルムRVP100で撮ってます。

その2:撮影日は8月16日午前9時前。胎内市/胎内平だよ。

その3:レンズを絞り込んで、かつカメラをミラーアップしてやっている。

その4:背景・2匹とも樹液をチュウチュウしていた。とんでもなくデカいハチがやって来て、蹴散らしたんだ。慌てて退散した姿なんですね。

最初は左のアオカナブンだけしか画面に入ってなく、遅れて”金カナブン”が幹を這い上ってきて、タイミング良く画面に収まったかなという辺りでパシャリ。

ミラーアップしていたからファインダーを覗いても真っ暗。当然1カットだけしか残ってないもんね。あっ、三脚は使用してるし、レフも使用した。

以上でございますが、どうすんのかな? もう季節過ぎたよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

斜光

燃える 鳥屋野潟

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  3. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。