赤谷のサル

農家の所有する柿の木にサルがやってきた。

映ってないがサルの視線の先にはもう一匹いて、木の上で食事中だ。

下のサルと上のサルも画面に入れようと思ったが枝や葉がうるさく、逆に抜けた空間を取り入れた方が遠近感がでるのかなとの思いからこの構図に。

恨めしそうに「俺にも、もっとくれよ。他にないの?」と言いたげな仕草だ。

上のサルが食べ損ねて落とした柿を拾ったのは良いが、渋柿か?

それとも「俺の分、残しておけよ!」かな。

眺めていて、つい人間社会での会話にあてはめてしまう。

ここは新発田市(しばた)赤谷地区。

季節を選ばずサルが出没する。

写真は秋、稲の刈り入れ時期に撮影したもの。

稲刈りを行う傍らでサルたちが毛繕いしているシーンに出会える。

癒やされる場所で、ここに来るとほっとする。サルも一緒かな。

過去記事 初掲載  10月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アカバナマンサク

アメリカコハクチョウ

関連記事

  1. 山里のサル

     田んぼのあぜ道にドカッと座り込んで人様の仕事の様子を長い間、見つめていた一…

  2. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  3. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  4. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  5. 紋のある白い蝶

    前回『身近な虫たちの華麗な生きかた』(ちくま文庫)をFacebook上で…

  6. 都を忘れてしまう花が咲いた

    RICOH・GRⅢx佐渡に島流しされた順徳天皇がこの花をながめ、都を忘れ…

  7. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  8. 鶯色と紅梅色

     日本の伝統色で言うなら"鶯色”と”紅梅色”か。カタクリです。昨年撮影してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。