ダイヤをまとったナンキンハゼ

 新潟では珍しいくらいの快晴になった。
東京で暮らしていた頃のような真っ青な冬の朝だ。
冷え込みが激しく手足がピリピリ。鼻水はダラダラで
見るに堪えない姿の私。一方、粒状のダイヤを全身に
まとい、輝いていたのはナンキンハゼ。
 ここ、福島潟で久々に見た霧氷だった。
 ベルビア100F NikonF5 撮影年月日不詳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬想う 夏のヒマワリ

朝露

関連記事

  1. 秋雨と紋白蝶

    知らぬ間に夜が明けて、気づけば目にするあらゆるものに色が乗っている。…

  2. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  3. 緑の滑り台

     辺りがプワ~と明るくなったのに、草陰で滑り台遊びに興じるヤマトシジミ。ホン…

  4. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  5. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  6. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。