ダイヤをまとったナンキンハゼ

新潟では珍しいくらいの快晴になった。

東京で暮らしていた頃のような真っ青な冬の朝だ。

冷え込みが激しく手足がピリピリ。

鼻水はダラダラで見るに堪えない姿の私。

一方、粒状のダイヤを全身にまとい、輝いていたのはナンキンハゼ。

ここ、福島潟で久々に見た霧氷だった。

ベルビア100F NikonF5 撮影年月日不詳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬想う 夏のヒマワリ

朝露

関連記事

  1. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  2. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

  3. 澄まし顔のベニちゃん

     リオ・オリンピックで体操内村が金メダルを獲得した。「E難度技」の連続で、目…

  4. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

  5. とにかくかわいい紋白蝶

     朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く、染まらず。そんな時は足元の蝶々…

  6. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  7. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  8. 霧の竜巻ハウス

    2015年9月21日(祝日)撮影  土手沿いから夜明けの福島潟を撮影しようと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。