ダイヤをまとったナンキンハゼ

新潟では珍しいくらいの快晴になった。

東京で暮らしていた頃のような真っ青な冬の朝だ。

冷え込みが激しく手足がピリピリ。

鼻水はダラダラで見るに堪えない姿の私。

一方、粒状のダイヤを全身にまとい、輝いていたのはナンキンハゼ。

ここ、福島潟で久々に見た霧氷だった。

ベルビア100F NikonF5 撮影年月日不詳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬想う 夏のヒマワリ

朝露

関連記事

  1. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  2. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  3. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  4. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  5. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  6. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

  7. 秋雨と紋白蝶

    知らぬ間に夜が明けて、気づけば目にするあらゆるものに色が乗っている。…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。