ダイヤをまとったナンキンハゼ・東京の冬の青空を思い出す

新潟では珍しいくらいの快晴になった。

東京で暮らしていた頃のような真っ青な冬の朝だ。

冷え込みが激しく手足がピリピリ。

鼻水はダラダラで見るに堪えない姿の私。

一方、粒状のダイヤを全身にまとい、輝いていたのはナンキンハゼ。

ここ、福島潟で久々に見た霧氷だった。

ベルビア100F NikonF5 撮影年月日不詳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬に想う夏のヒマワリ・35㎜レンズにPLフィルター噛ました

朝露

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  5. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきま…

  6. とにかくかわいい紋白蝶

    朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く紅く染まらず。足元の蝶々でも…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. 和服の似合う女

    2015年9月27日(日)撮影夜明け前、真っ暗な駐車場に乗り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。