澄んだ大気

 上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。
風が無いせいか寒くはない。
葦原ではオオヨシキリが盛んに叫び続けている。
そう、縄張りを必死で主張している声はさえずりとは意味合いが違う。
湖面すれすれにシギの仲間が左右に飛び交い、岸辺の浅瀬では何やら鯉が
じゃぶじゃぶと産卵の準備か。時折、水しぶきがあがります。
 遠く地平線付近が次第に赤味を帯びてきた。
上空には刷毛で掃いたような雲。その雲が湖面に映り込んでいる。
 様々な音に包まれていながら心地よいのは何故だろう。
 ベルビア100 35ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

月映す水田

ラジオ体操の夏 朝露

関連記事

  1. 龍神雲

     ビッグスワンの紅白バージョンライトアップは外壁だけで、スタジアム内部の照明…

  2. 銀鼠・ウラギンシジミ

     遠くからその存在を認めつつも、ガムの包み紙と思っていた。近づいて、それが生…

  3. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジライ…

  4. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  5. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  6. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

  7. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  8. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。