澄んだ大気

 上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。
風が無いせいか寒くはない。
葦原ではオオヨシキリが盛んに叫び続けている。
そう、縄張りを必死で主張している声はさえずりとは意味合いが違う。
湖面すれすれにシギの仲間が左右に飛び交い、岸辺の浅瀬では何やら鯉が
じゃぶじゃぶと産卵の準備か。時折、水しぶきがあがります。
 遠く地平線付近が次第に赤味を帯びてきた。
上空には刷毛で掃いたような雲。その雲が湖面に映り込んでいる。
 様々な音に包まれていながら心地よいのは何故だろう。
 ベルビア100 35ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

月映す水田

ラジオ体操の夏 朝露

関連記事

  1. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

  2. 101

    2015年10月31日(土)撮影何時になく薄暗い日曜早朝。雨がしとし…

  3. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  4. 秋 サンシュユの実

    2015年9月23日(祝)撮影 春先に小さな黄色い花を枝一杯に咲かせ、秋にな…

  5. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

  6. 赤く燃える・鳥屋野潟

    17日は久しぶりに朝焼けを観た。翌18日もそれなりの綺麗な朝焼けを眺…

  7. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  8. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。