澄んだ大気

 上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。
風が無いせいか寒くはない。
葦原ではオオヨシキリが盛んに叫び続けている。
そう、縄張りを必死で主張している声はさえずりとは意味合いが違う。
湖面すれすれにシギの仲間が左右に飛び交い、岸辺の浅瀬では何やら鯉が
じゃぶじゃぶと産卵の準備か。時折、水しぶきがあがります。
 遠く地平線付近が次第に赤味を帯びてきた。
上空には刷毛で掃いたような雲。その雲が湖面に映り込んでいる。
 様々な音に包まれていながら心地よいのは何故だろう。
 ベルビア100 35ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

月映す水田

ラジオ体操の夏 朝露

関連記事

  1. パッチワーク

     「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場を何度も行った…

  2. 落ち葉とロングドレス

    2015年11月15日(日)撮影雨脚が弱まって、公園に行ってみると、誰もい…

  3. 清まし顔の黄花かな

     鳥屋野潟公園「流れ」の小径沿いですね。この公園は散歩にジョギングにバードウ…

  4. 消えたカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影 ロウバイの林の中、カマキリの卵を幾つか見…

  5. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づかない…

  6. バッタのかくれんぼ

     夜明け前、激しい雨。新潟市内ところどころ道路が冠水した。なのに今は外は明る…

  7. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

  8. 知らず白む鳥屋野潟

    撮影は5月1日になります。「太陽は雲の向こうでとっくに昇っているのに、今日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。