夜明けの霧潟

福島潟は霧の中。

遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も霧の中に沈んでゆく。

聞き覚えのある野鳥のさえずりが綺麗で、まろやかで、心地よい。

けれども、それは夜明け間もない一時のこと。

その後は気温が下がるにつれて、厚着をしてこなかった事をひたすら悔やんでいるのでありました。

長靴も超チープなだけあって、次第に冷たくなっていく足先やかかと部分に我慢がならなくなってきた(この日、県内各地は朝方冷え込んだ。その後気温がグングン上昇。阿賀町ではその寒暖差が20度以上あったらしい)。

「ちょっと寒すぎ」「風がないのになんでこんなに寒いんだ?」・・まわりに数人のカメラマンがいたのも知らず、つい愚痴ってしまう私。

この日はもともと会社に休みを申請していて、その日が近づくにつれ、天気予報ばかり気にするようになってしまいました。しかも、前日の予報を見たり、聞いたりして「ちょっといいかも」と確信するに至り、自制が効かなくなりました。

思えば1月の末以来、福島潟で風景の写真を撮っていない。日曜日になる度天気は芳しくないし、朝夕は娘の送り迎えで出掛けることも出来ず、自身の入院騒ぎもあったりで、それだけ消化不良になっていたのかも知れません。

夜明け前は蒼い福島潟を意識して、写真の構図から左側に振って、遠くの木々を配したカットを数枚撮影しています。

日の出が近づいて来ました。霧が静かにゆらいでいます。山の端が次第に赤らんできたので、この構図にしてパシャリやりました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  4月5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

姫が踊る

蒼霧

関連記事

  1. 染まる福島潟

    新潟市・福島潟二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端は…

  2. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前中…

  3. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  4. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  5. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  6. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  7. 逆光にキラリ・蝶の名は?

    草藪の中、ツユクサにまとわりついていたタテハの仲間をパシャリ。…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。