1時間と5分

レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしない・・にこだわって、長らくやってきているが、この撮影の時ほど、最新カメラの良さを痛感したことはありません。

吹き寄せる風でピント合わせに四苦八苦しながら蝶を狙っている最中、子連れの主婦らしい方が「わたしも撮っていいですか」と話かけてきた。

「はい、どうぞ」と譲ったものの、5,6分程度で「どうも」となった。

「いいんですか」と念を押したら、「はい、私、撮りましたから」と。

何かのドラマの台詞めいた言葉を発して、ニッコリ微笑んだ。

オイラは吸蜜中の蝶を前に、呆気にとられてしまいました。

1時間近くもその前に居座り、風の止むのを待っては、ピント合わせに全神経を集中させ、それも叶わずヘトヘトのオイラは一体なんなのよ?

写真はそのショックから立ち直れない状況下で撮影したもの。

風の揺れを計算しながらピント位置と構図を決めるという離れ業で臨むしかなく、結果は案の定、コレ1枚ぐらいしか見られるものがない。

アレレ・・対角線に並んでいる・・どうしょうもないね。

追伸:ヒメアカタテハに混じってキタテハもこの花にやってきたが、戦力喪失状態で、傍らで座り込んでパン食べながらの観察のみ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  11月5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キタテハ 斬る!

夢の中

関連記事

  1. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  4. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  5. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  6. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。