山影蒼く・ノビタキ

 大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。
野焼きの煙がほどよく地表近くを漂っていて、川の流れに乗っては
一塊となり、揺らいでは、秋空に吸い込まれ、消えていく。
 葉の上にいるのは換羽を終えたノビタキかな。
旅立つ前に腹ごしらえでもしているのか、忙しなく動き回り
ウドの果実をついばんでは、お気に入りの葉の上に乗っては
また、降りて・・・を繰り返していた。
 相当昔の写真だが、稲わらのくすぶるにおい同様に
鮮明に記憶している。 ちょうど今頃の撮影(初掲載)
 ReversalFilm(ベルビア) 600㎜  NikonF3
*先日、近くまで行ったが変わらない原風景が拡がっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉陰蝶・キチョウ

秋雨と紋白蝶

関連記事

  1. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  2. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  3. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  4. 気まぐれな黄連雀

    「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって…

  5. キジの横睨み

     以前に掲載したオスのキジと同じ個体だろうか。ほぼ同じ場所で見かけ,ホロ打ち…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。