薄明光線

 
暑い!昼過ぎ、会社から自転車で家に戻ってきたが、汗ダラダラ。

たらいに浮かべたスイカみたいに水風呂にドボ~ンと飛び込んで、「・・ん?・・なんで外が見えるんだ?・・」となってハッとした。

玄関のドア開けっ放し、風呂場の窓も全開・・ということは・・「そういうことね」と妙に恥ずかしくなって、体を丸めて沈んだ。

今日も仕事、明日の日曜日も一日仕事。

代休もとれそうもない。

疲れが貯まって、なんだか自分が自分でないような、そんな気分だ。

掲載写真は7月30日、福島潟で撮影したもの。

池の畔でトンボの撮影していて、ふと見上げた空がこんなになっていた。

“薄明光線”・・いわゆる“天使の階段”という現象だが、珍しいものではない。

ただ、オイラは「なんだべさ」となってしばらく見上げたままだった。

「何で、光芒が青空から出てんのよ」

「ちょっとおかしくね~か?」

「・・・・ウ~ン・・・」

なんでだろ(おかしいのはオイラだが)。

説明できそうで、できないモヤモヤ状態で見入っていたのでありました。

それにしても、こんな光線でジリジリと照らされているんだな。

RVP100 AI Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5

*本日、家の前の田んぼ、稲の花が咲く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

染まる福島潟

カナヘビだよね

関連記事

  1. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  4. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  5. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  6. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。