福島潟 水鏡・風が止むとみなもが鏡面のようにツルンとなる


放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立つ。

その時をいまかいまかと手をモミモミしながら待っている。

が、ならなかった。

頭の中で「水際や林の地表近くに霧が漂い、終いには乳白色の世界」とイメージして予め構図を決めていたのですが、予想は見事に外れてしまいました。

『福島潟はいつも霧の中~』・・理想なんだけどなぁ。

その替わりなのでしょう、時間が止まった世界がそこにありました。

みなもは微動だにしません。

きれいに磨き上げた鏡のようです。

RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  福島潟2016/05/29

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

ジャガイモの花・近づいてしゃがんでじっくり眺めてみた

からまる・瑞々しいなかに秘めた力強さを感じた・ポジRVP100

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む