オイラも撮ってケロ!

2016年4月下旬の撮影

林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮影していてガサッ、ガサッ。

歩を進めるごとに、右に、左に放射状に逃げ出していたカナヘビにしてはその音はおとなしく、せわしくはない(驚くほどいる)。

「ヘビか、なんかだろう」と、目の前のイワカガミちゃんに集中しようとしたのであるが、やっぱりガサッ、ガサッという音が聞こえてくる。

そのうち頭から離れなくなり、音の主を探さないと気が済まなくなってきた。

「よお~し、見つけてやっからな!」と頭をあげて、ムム・・?

数歩先の葉っぱが動いた。その葉っぱにゆっくり近づいてジ~ッと見る。

・・・・・・・カ・エ・ル・・・だったのね・・・

枯れ葉の影から顔を出し、のどだけポンプのようにプクプク動いている。

「オイラも撮ってケロ!」と言わんばかりにこちらを向いている。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

高貴なカキドオシ

時候雑記

関連記事

  1. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

  2. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  3. 胎内市・金峯神社のシラネアオイ

    天女の羽衣・シラネアオイ

    先月20日の撮影です(大大大連休中で現像できなかった)。胎内…

  4. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきって…

  5. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  6. カタクリ終い花

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  7. ルリタテハ / 翅裏は・・?

    タテハ蝶の仲間、ルリタテハ。表の翅は濃紺の下地に瑠璃色のラインが鮮烈なま…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。