オイラも撮ってケロ!

2016年4月下旬の撮影

林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮影していてガサッ、ガサッ。

歩を進めるごとに、右に、左に放射状に逃げ出していたカナヘビにしてはその音はおとなしく、せわしくはない(驚くほどいる)。

「ヘビか、なんかだろう」と、目の前のイワカガミちゃんに集中しようとしたのであるが、やっぱりガサッ、ガサッという音が聞こえてくる。

そのうち頭から離れなくなり、音の主を探さないと気が済まなくなってきた。

「よお~し、見つけてやっからな!」と頭をあげて、ムム・・?

数歩先の葉っぱが動いた。その葉っぱにゆっくり近づいてジ~ッと見る。

・・・・・・・カ・エ・ル・・・だったのね・・・

枯れ葉の影から顔を出し、のどだけポンプのようにプクプク動いている。

「オイラも撮ってケロ!」と言わんばかりにこちらを向いている。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

高貴なカキドオシ

時候雑記

関連記事

  1. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。