朝焼と空き缶

2016年4月23日(土)午前4時40分撮影

日ごろの習慣で目が覚めると一番に外に出て空を見上げる。

雲はどんな案配・・? と、暗い空のまたその奥をじっくり仰ぎ見ると、黒い空に星々が点々、それに雲の薄いベールがみてとれた。

「日の出時刻も早まってきたことだし、行ってみっか!」

てなことで、今年も出勤前の朝焼撮影が始まったのでありました。

過去2年間は「とにかく現場に行く」をモットーに雨降り以外は撮影しようがしまいが上沼橋へ出掛けていたわけですが、今年はどうかな・・。

最近、起きていても眠くて仕方ないし。

この日は最初の撮影日ということでレジ袋持参で行ってきた。

何せ、半年間ほぼ同じ地点から撮影するとなるとゴミが散らばっているのが気になってくる。

よそ様が見ている前ではちと恥ずかしい。

暗く誰もいないうちにと、今回は空き缶拾い。

レジ袋の中はすぐに一杯になり、車に持ち帰り、改めてカメラ機材を取り出してきて撮影したのがご覧の写真。赤味を強調しようとスローシャッターで露出時間を多めにした。

それにしても、草むらの中、何であんなにゴミ落ちてんのよ?

RVP100  AI-Nikkor 35 f/2s  NikonF5

注:湖面中央の半ドーム状のシルエットがビッグスワンだけどわかるかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

岩鏡・・はかない命かな

高貴なカキドオシ

関連記事

  1. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  2. 春の朝陽に目覚める欅

    RICOH・GRⅢ「春の朝陽」と書けば「照らされ」と続くけど、この場合は…

  3. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  4. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  5. 朝焼け

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。…

  6. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  7. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。