古町ブラ散歩・白昼夢を体験した夏の午後・Ricoh gr3

gr3

窓。

西堀通りと新津屋小路の交差点が背後に写っている。覗き窓の内側から貼られたポスターは目隠しか。もっともポスターかどうかは近づかないと判らなかった。

カメラを向けて初めて「スターがいる!」と。

いい絵が撮れたと思う。が、しかし、室内に人がいたかどうかが気になるところだ。窓辺の向こうに瀟洒なテーブルがあって、向かい合うように男女が座っていると想像する。

だとしたら仰天したことだろう。変態男が顔を近づけてるってね。

「キャァ~」とはならなかったのか・・である。

しばらくこのアングルで待ってたんだ。背後に車や人が来ないかってね。

来やしない!

それどころか足元のアスファルトが熱く感じる。

「はよ来いっちゃ!」・・頭の中で念じる。カメラ構える腕が重くなってくる。

振り返ったんだ。背後を。

なんなんだよ!

誰一人いやしない。車も。喧噪も聞こえない。

俺だけポツンと取り残されたような。どこか知らない遠い世界に来ちゃった。汗が噴き出してさ。暑さのせいか。俺が俺でない感じでさ。ス~となってクラッときましたわ。

熱中症一歩手前かな。

そんときにポチってる。夢の中みたいな絵になった。

海の日記念日

  • follow us in feedly

無性にチャーハンが食べたくなる瞬間・Ricoh gr3x

アンバランスな光景を求めて真夏の古町を歩く・Ricoh gr3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む