浜への小径でカブトガニを見たような


Kodak T-max100 cosina voigtlander ultron 40f2 Nikon f3

撮影日は8月22日の日曜日。朝のうちはどんよりした空模様。

着いた途端に雨が落ちてきた。パラッ、パラッ・・。僅か雨で気にしなくても平気な雨。天を仰ぐと全てが薄雨雲。重たく感じる雲でないから、そのうち止むだろう、事実気が付いたら止んでいた。

南浜へは猫を目当てにやって来た。

昨シーズンは大概いた。いつの間にか姿を現し数匹かたまって追いかけて来た。あの勢いと今とを比べると暗い雰囲気も手伝って大きな隔たりを感じる。晩夏とはいえ夏場の陰鬱さには気だるい疲労が伴っているから、いっそうそう感じたのかもしれない。

浜へ降りていく小径脇に真新しい看板が立っていた。

児童らの何ら規制もなく自由に描かれた魚たちの絵はどれも強烈な原色を放っていて、暗い空気を追いやる勢いさえ感じた。これらはゴミポイ捨て禁止看板で、ここを訪れる釣り人やサーファーへのメッセージボードの役割を担っているのとは別の次元でなにか沈んだ心に活力を与えてくれるビームを感じるのは私だけではあるまい。

余談だが、この絵、エイなんだな。ルーペでネガをチェックするまでカブトガニと思っていた。

Silversalt Dev.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤谷・連続洞門

初めてのトライX・山の下みなとタワー

関連記事

  1. 捻れたネットにゆく夏をかさねる

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  2. 夏フェンス

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 Nik…

  3. under construction

    来年7月完成予定の新潟南病院。建設当初は地面の下ばかりガリガリやって…

  4. 壁面をつたう蔦

    GRⅢビルの壁面に大きく描いたのだと思いました、この蔦。掲載写真では…

  5. 寂れた冬がやって来る

    11日、爆弾低気圧の通過で雨、潮、砂、ごちゃ混ぜの嵐の中で撮影している。…

  6. 福寿草・パラボナアンテナ

    体調が回復してきたのか、傍らでビールをあおる女房が気になりだした。…

  7. 都市過疎

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s+Y2 NikonF3…

  8. ススキと秋の空

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 Nik…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。