梅雨の葉

Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s+y2 NikonF3

なんの葉っぱでしょうか、判るようで判らない。

名前言われりゃあ、「あっ、そうそう」となるのだろうけど、思い出せない。しかも図鑑で検索する手がかりさえ掴めない。この程度の知識が一番ストレスを感じます。

ファインダー覗きながらも「なんだったっけ?」

まっ、いいや。そのうち判るでしょう。

神域で雨に濡れた葉っぱは趣あります。

あぁ、人がいないせいもあるな、風も吹いていなからか。

地面に這いつくばるような静寂が漂ってました。

7月11日・弥彦神社境内

撮影データ

Silversalt Dev(1+30) 20℃ 14分30秒(30/60/1)ISO感度125
100㎖保存瓶開封して1カ月経過。薬液が茶色くなってきた。酸化が進んでる。蓋の周り、容器の注ぎ口に茶色い点がポツポツある。「保護ガス」なるものでシュッして蓋閉めるようにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

八重のドクダミ

灼熱手摺りと澄まし顔トンボ

関連記事

  1. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  2. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  3. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  4. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  5. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  6. ノコギリクワガタの品格

    8日に出会ったノコギリクワちゃんより一回り大きい。体長50㎜は優に超…

  7. COLOR・色を楽しむ

    RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3…

  8. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。