手水舎の柄杓

ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3

手水舎の柄杓。

柄杓に書かれた文字を見て一瞬、Why?と頭ひねりました。

「未納」と見えたのですねぇ。

家賃も光熱費も携帯使用料も新聞購読費もほとんどが銀行引き落とし。

「未納」には覚えがないのに、何故に反応したのかな。

ま、アタイの貧相な精神の成せるワザなんでしょうけど。

胎内市・熊野若宮神社 元日撮影

ミクロファイン 1:1 21℃ 11分40秒(30/60/5) 二浴定着

除雪する音

一度も稼働しなかった昨年冬の除雪車が深夜に唸りを挙げてるのが聞こえてきた。布団の中から耳を澄ませて聞いている。道路の向こうから次第にこちらの方へと近づいてる。そのうち窓にブルドーザーの黄色い灯りが映ってきて、ブルブル家が震え出す。

キタァ~・・・ッ!

小さい頃からコレ好きなんです。

冬の中で生きてるって実感するのですわ。

眠れないけど、貴重な経験してる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ひかりもの

松前丸・左側面の青

関連記事

  1. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  2. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  3. 陽を浴びるカタクリ

     今季5回目。鷹巣キャンプ場。辺りを散策。陽の光が林一面に降り注ぐ。待ちわび…

  4. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  5. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  6. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  7. 三角関係

    鷹巣キャンプ場にカタクリの花を撮りに来た(31日の話)。26日の月曜日、一…

  8. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。