捻れたネットにゆく夏をかさねる

Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF3

「ゆく夏」・・は「逝く夏」と書こうとしたんだけど、なんか変だよね。人が死んであの世に逝くわけじゃないのに、おかしいなって。それでゴチャゴチャ面倒なので「ひらがな表記」にした。

新潟の浜ですね、市内からズド~ンと行った、そこなんです。

海岸道路が走ってて、所々に駐車場があって、車を止めて道路を渡ればそこは砂浜。

砂浜の向こうは海。

陸地から海へと向かって伸びた防波堤沿いには釣り人の姿がワンサカだった。

僕はカメラを肩にかけて砂浜を歩く。

ビーチサンダルの中に砂が入り込んで歩くのが難儀になってくる。

ちょうどいい被写体を見つけた(実は歩き出す前から視界に入っていた)。

ビーチバレー用のコート?なんだろう。

ネットが上が下に下が上にと捻れていた。

「シーズンを終えたなら、ちゃんと片付いているはず」

「何かのアクシデントだろう」

近くに座り込んでしばしボ~ッと眺めていた。

すると次第に背景の低く垂れ込めた空や寄せる波の音のせいなんでしょうか、捩れたネットと過ぎていく夏が頭の中で奇妙にシンクロしていくのですね。

それでパシャリと。

この時、35ミリレンズを付けたf3も持っていて、その中には憎いアクロス100Ⅱが入っていた(フィルムを撮り終えている いつ現像の踏ん切りを付けるかだな)。

9月20日早朝撮影 新潟市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の終わり

曼珠沙華・紅い花

関連記事

  1. rhythm・音の調べ

    内壁、高い位置にこんな幾何学模様みたいな。丸い穴は何だろう?…

  2. 駅前楽天地で女の匂い

    アクロス100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF3…

  3. 路地裏

    今度こそモノクロフィルムの自家現像が出来たんだろう。風呂場に吊したロ…

  4. 年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

    新潟西港の港湾機能維持の為に信濃川上流域から運ばれてきた堆積土砂の浚…

  5. 波打ち際

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 Nik…

  6. トウモロコシとジャガイモの花

    今は少し落ち着いたが、この前まで夕飯時、トウモロコシがよくでた。…

  7. もう一度 街角の麒麟

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF…

  8. 小高い丘の上から・海

    新潟市の住処から北へ約18㌔。島見浜の小高い砂丘から何気に日本海を望んで…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。