捻れたネットにゆく夏をかさねる

Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF3

「ゆく夏」・・は「逝く夏」と書こうとしたんだけど、なんか変だよね。人が死んであの世に逝くわけじゃないのに、おかしいなって。それでゴチャゴチャ面倒なので「ひらがな表記」にした。

新潟の浜ですね、市内からズド~ンと行った、そこなんです。

海岸道路が走ってて、所々に駐車場があって、車を止めて道路を渡ればそこは砂浜。

砂浜の向こうは海。

陸地から海へと向かって伸びた防波堤沿いには釣り人の姿がワンサカだった。

僕はカメラを肩にかけて砂浜を歩く。

ビーチサンダルの中に砂が入り込んで歩くのが難儀になってくる。

ちょうどいい被写体を見つけた(実は歩き出す前から視界に入っていた)。

ビーチバレー用のコート?なんだろう。

ネットが上が下に下が上にと捻れていた。

「シーズンを終えたなら、ちゃんと片付いているはず」

「何かのアクシデントだろう」

近くに座り込んでしばしボ~ッと眺めていた。

すると次第に背景の低く垂れ込めた空や寄せる波の音のせいなんでしょうか、捩れたネットと過ぎていく夏が頭の中で奇妙にシンクロしていくのですね。

それでパシャリと。

この時、35ミリレンズを付けたf3も持っていて、その中には憎いアクロス100Ⅱが入っていた(フィルムを撮り終えている いつ現像の踏ん切りを付けるかだな)。

9月20日早朝撮影 新潟市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の終わり

曼珠沙華・紅い花

関連記事

  1. 冬の陽射し

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  2. 柳都大橋からの眺め

    RICOH・GRⅡ 23/5/2020~昨日午後のこと~青空に浮…

  3. チャリ通途中の桐の花

    RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF3…

  4. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  5. 腐食するトタン

    ACROS 100Ⅱ cosina voigtlander ultron 4…

  6. 合格祈願

    新潟県下の公立高校では昨日から入学試験が始まった。試験は今日まで。…

  7. 病み上がりに眺めた萬代橋は冷たい

    先週末と言って良いのでしょうか、病み上がりに眺めた萬代橋です。…

  8. 新川漁港

    新潟市西区新川漁港にて朝の光の中で撮影したのでした。メリハリ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。