梅雨の合間の日本海

突然ですが、「梅雨の晴れ間」と「梅雨の合間」、ホントはどっちが正しい表現なのだろうと還暦を間近に控えた今頃になって疑問に思うようになった。

断然「梅雨の晴れ間」と使い続けていたが、SNS上での同種の表現は「梅雨の合間」がほとんど。

俺、とんでもない間違いをしてたんじゃないか・・そう感じたんだね。

この表現に興味を持つと、新聞紙上でも目に付くようになる。

紙面では「梅雨の晴れ間」という表現が多い気がした。

それで色々調べてみた。

すると、降り続けていた雨が止んで陽が照ってくる(青空が覗いてくる)その時間の長さが表現の違いを生んでいるらしいことがわかってきた。

具体的に言えば

「昨日まで降り続いた雨が今朝に止み、青空が広がり、良い洗濯日和になった」は

“梅雨の晴れ間”。

「降っている雨が止んだよ。陽が照ってきた。雨雲が途切れた今のうちに・・」は

“梅雨の合間”となるらしい。

まぁ、諸説様々有るから断定は出来ませんけど。

しかるに、この写真の時はどうか?

撮影数時間前までは雨が降っていた。

撮影中に黒い雲が流れ始めて、撮影終了直後にドバ~ッと降ってきた。

晴れている時間は数時間。

ということは“梅雨の合間”が正しいことになる。

したがってタイトルは「梅雨の合間の日本海」となんとも単純な発想。

こうしておけば今後写真を眺める度に少なからず言葉の表記に沈思黙考した自分の姿があったことを思い出すにちがいない・・それだけのこと、はい。

写真

新潟市入船みなとタワー外階段テラスから日本海を望んだ図。

雲の境目から陽の光が海面をスポットライトのように照らしたり、光の道のように降り注いだりと実に様々な光がそこに踊っていたのでした。

ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4+Y2フィルター NikonF3  7月中下撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

棘の門

raindrops

関連記事

  1. 水屋猫

    家主には申し訳ないが、猫の額ほどの庭にシンク?洗面台?を備えた水屋が…

  2. 昔の炊事場

    光の乏しい室内で手持ち撮影してみた。f2.8解放、1/20秒、ISO…

  3. すべて黒尽くめの男

    その男は服、ズボン、靴、リュック、帽子、自転車、マスクまで全て黒尽く…

  4. それぞれの ♪夕焼け小焼け♪

    今日2日の♪夕焼け小焼け♪はこんな感じだった。北陸自動車道は…

  5. 街中の鳥居

    新潟市白山神社の鳥居、先月27日の撮影です。こんな天気が新潟の空にあ…

  6. 股下から水上バスが現れた

    2日の土曜日、デジタル撮影前にフィルムで撮った萬代橋。向こう…

  7. ブタ猫 チビタン

     子猫の頃からよく親猫が裏庭に連れてきていた。ほかに別家族の野良猫もいたがこ…

  8. 浜猫・小屋番する猫

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。