梅雨の合間の日本海

突然ですが、「梅雨の晴れ間」と「梅雨の合間」、ホントはどっちが正しい表現なのだろうと還暦を間近に控えた今頃になって疑問に思うようになった。

断然「梅雨の晴れ間」と使い続けていたが、SNS上での同種の表現は「梅雨の合間」がほとんど。

俺、とんでもない間違いをしてたんじゃないか・・そう感じたんだね。

この表現に興味を持つと、新聞紙上でも目に付くようになる。

紙面では「梅雨の晴れ間」という表現が多い気がした。

それで色々調べてみた。

すると、降り続けていた雨が止んで陽が照ってくる(青空が覗いてくる)その時間の長さが表現の違いを生んでいるらしいことがわかってきた。

具体的に言えば

「昨日まで降り続いた雨が今朝に止み、青空が広がり、良い洗濯日和になった」は

“梅雨の晴れ間”。

「降っている雨が止んだよ。陽が照ってきた。雨雲が途切れた今のうちに・・」は

“梅雨の合間”となるらしい。

まぁ、諸説様々有るから断定は出来ませんけど。

しかるに、この写真の時はどうか?

撮影数時間前までは雨が降っていた。

撮影中に黒い雲が流れ始めて、撮影終了直後にドバ~ッと降ってきた。

晴れている時間は数時間。

ということは“梅雨の合間”が正しいことになる。

したがってタイトルは「梅雨の合間の日本海」となんとも単純な発想。

こうしておけば今後写真を眺める度に少なからず言葉の表記に沈思黙考した自分の姿があったことを思い出すにちがいない・・それだけのこと、はい。

写真

新潟市入船みなとタワー外階段テラスから日本海を望んだ図。

雲の境目から陽の光が海面をスポットライトのように照らしたり、光の道のように降り注いだりと実に様々な光がそこに踊っていたのでした。

ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4+Y2フィルター NikonF3  7月中下撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

棘の門

raindrops

関連記事

  1. 早く来い! 夏

     桜を撮り損ねた。最近は一気に満開となりパッと散る。今年は4月12日の一日だ…

  2. 血管壁

    繁華街のアーケードの一角に出入り口以外三方を外壁に囲まれた駐車場がある。…

  3. 夜の萬代橋

    新潟県人なら誰でも知っている萬代橋。風が強く、コンデジを比較…

  4. 小高い丘の上から・海

    新潟市の住処から北へ約18㌔。島見浜の小高い砂丘から何気に日本海を望んで…

  5. 秋の夕空

    暑い一日(気温34度を記録)が終わろうとしている。蒸し暑さが…

  6. 轍のむこう

    小屋番している半ノラを認めるも陽は雲の中。雲間から太陽が覗いてから猫…

  7. rhythm・音の調べ

    内壁、高い位置にこんな幾何学模様みたいな。丸い穴は何だろう?…

  8. 萬代橋・イエローバンド

    エベレスト山頂付近の地層帯・イエローバンドでもなく、スプリングエフェ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。