夏至の太陽・福島潟

あれまぁ~! これまた随分と日の出位置が北に寄ったもんです。

福島潟で日の出を迎えるなんて随分と久しぶりです。

そのせいか、目にする光景が何故か新鮮。

そうだ、草むらを掻き分けて進む際の葉擦れの音も心地良い響きと感じたなぁ~。開放していくカラダがあるんだね。いやぁ~・・気持ちが良い!

この日は朝焼け狙いでやってきた。川霧が出てるならそれもいい。

まだ暗いというのに駐車場には首都圏ナンバーの車が3台止まってた。ヘッドライトに三脚出して撮影準備している彼らの姿が浮かんだ。

彼らも朝焼け狙いなんだろうか?

(朝焼けではなく蓮の花だった)

僕はいつものお決まりのスペースに車を滑り込ませ、カッパを着込み、ゴム長履いて、タオルを首に巻き、家から持ってきたオニギリをパクつく。

これまたいつものルーティーン。

土手に上がる。

水草、モジャモジャしだしていた。ヒシはコレからかな、ようやく葉っぱが浮き出した。暗い湖面に更に黒い塊を目視で確認。そして雲は?・・まったくありません。

ということは朝焼けナシです。光芒は出そうですが。

霧は?

風は無いが、冷え込みまったく感じません。これもナシ。

いずれにせよ、かなり激しくショック。

晴れ過ぎるのもどうかなぁ~。

そんなわけで日の出を迎えて、太陽がほどよい高さまで昇ってから、こんな光景を撮ってみたのでした(このカット撮る前に朝露に濡れた葉っぱ撮ってるね)。

左上に太陽、右下に土手の草藪をちょこっと入れて画面を安定させた・・つもり。

ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s+Y2フィルター NikonF3  21日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

轍のむこう

6月14日の朝焼け・鳥屋野潟

関連記事

  1. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  2. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  3. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  4. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  5. 氷の侵食

    真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。まだ、星が見える。…

  6. ダイヤをまとったナンキンハゼ

     新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ青な冬…

  7. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  8. シンメトリーな福島潟

    「8時半までに帰って来て」と奥様にキツく言われたので、8時には自宅に着いた。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。