信濃川船だまり

ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s+Y2フィルター NikonF3

柳都大橋から信濃川右岸を眺めた図(5月23日撮影)。

写真はレンズにY2フィルターをかませている。このフィルターの効果を確かめたくて、この日は空や川面、人様までレンズを向けたのでした。

ブログには先にGRⅡで撮影した横位置のカットを掲載してますが、これはモノクロフィルム。

リバーサルフィルムのみでずっとやってきましたが、最近はGRⅡ、そしてモノクロフィルムの使用頻度が徐々に増えてきました。

閑話休題

そんな中、リバーサルフィルムの現像料金が値上がりした。

30%近くアップになって、1,600円ほど。

そうなると現状でフィルム1本買って、ソレを現像に出しただけで3,000円を超えちゃうのだよ(オジさんは知ってる 30年前のちょうど2倍)。

コレをどう捉えるかだね。

まだリバーサルフィルム頑張ってる!と考えるなら、値上がりは避けて通れない問題だ(そのうち新潟地元で現像できなくなって、中央に送るんじゃないかと心配)。

なんとかしなくっちゃと思うけど、1人の努力じゃ無理も無理。

だんだん手が出なくなっていくばかり。

GRⅡを手にしたのは「この先どうあがいてもダメだぁ~」とリバーサルの行く末を悲観してのこと。

モノクロを使うようになったのはフィルムの階調や描写に「オッ!」と感じたのは当然ですが、もう一つの面、費用がリバーサルの半分ぐらいで済むから(自家現像ならばもっと経済的)。

モノクロフィルムは残ってもリバーサルフィルムの行く末に暗雲が・・ってなこと・・あったりして、いや、そんなことないと信じたい・・けど、やっぱり不安。

フィルターの効果は?

話にまとまりがなかったね。

モノクロフィルムで撮影したこのコマのことでした。

結論。

この構図では驚くような効果ってあったかな?。

見上げた空とかでは雲の輪郭とか際立ったけど、こちらはどうなんだろう。

フィルターを外した絵を撮るの忘れたんで比較できませんけど。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

三角タワーとクラゲ雲

萬代橋・夜明け前

関連記事

  1. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  2. パレット墓場

    かなり強烈にビビッときて、「撮らなくっちゃ」となった。それなのに1枚…

  3. 火炎土器かゾンビの手か

     縄文式土器の火炎模様と捉えるか、パチンコCRモンスターの地中から這い出たゾ…

  4. 寂れた冬がやって来る

    11日、爆弾低気圧の通過で雨、潮、砂、ごちゃ混ぜの嵐の中で撮影している。…

  5. 水屋猫

    家主には申し訳ないが、猫の額ほどの庭にシンク?洗面台?を備えた水屋が…

  6. 坊主頭

    県立植物園の温室ドーム。此処は曲線と直線の織りなす建物が隣接…

  7. 青い空に波打つタワー

    2月24日日曜の青空は新潟に居ながら東京で仰ぎ見たそれにそっくりで、…

  8. アチラ側とコチラ側

    写真は新潟市東区にある山の下みなとタワーの外階段踊り場?から東の方向…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。