寂しい公園

ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3 5月中旬撮影

この写真を投稿する前に、今朝この場所へ出掛け“状況”を確かめてみた。

規制ロープはなくなっていた。

宣言解除後に取り除かれたのだろうか。

いずれにせよ、日常が戻りつつあることにホッとなる。

気が抜けないけど(そこんところが心配)。

ということで写真は宣言下の鳥屋野潟公園、遊具の一つ。

感染拡大防止のためには避けられない措置であったのは周知のとおり。

この時は子供はおろか人がいない。

たまにすれ違う人がいたけど、互いが伏し目がち、遠慮がちで側方を過ぎてゆく。

そんな中で、来ちゃいけないところに来ちゃった罪悪感みたいなのがあったかな。

子供の声が木霊しない公園は切なすぎるほど悲しい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ぞうときりん

三角タワーとクラゲ雲

関連記事

  1. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  2. 新川漁港

    新潟市西区新川漁港にて朝の光の中で撮影したのでした。メリハリ…

  3. 桜色の雪割草

    新潟県庁敷地内の一角に「県庁の森」と呼ばれる林がある。人口の…

  4. 小春日和

    晩秋から冬にかけての暖かく晴れ上がった日のことを『小春日和』と呼ぶそ…

  5. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  6. シュワッチな天井

    妙に寒い夜だったなぁ。静かだったし。「もしかしたら、もしかし…

  7. 坊主頭

    県立植物園の温室ドーム。此処は曲線と直線の織りなす建物が隣接…

  8. 信濃川船だまり

    ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s+Y2フィルター Ni…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。