ヨシゴイ幼鳥・ハスの花や茎にとまり小魚を狙って首を伸ばす


過去写真(遠い過去)

瓢湖にて7月下旬に撮影したものと思います。

ヨシゴイの幼鳥。

白い産毛がまだ付いているから巣立って間もないのだろうか。

親と同じように蓮の茎にとまって水面近くを泳ぐ小魚やオタマジャクシを捕まえようと近くの茂みの中から飛んできた。

でも、この位置からではいくら首がビロ~ンと伸びたとしても獲物まで届かない。

カワセミのようにダイブはしないし。

本当に捕まえようとするならもっと水面近くの茎にとまるはず。

観察しているといろんな疑問が沸いてくるけど、まずはパシャリ。

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

夏の入道雲・どこまでも続く農道を土埃あげながら自転車こぐ

お疲れ気味 コヨシキリ・野鳥に近づける時期があるらしいと聞いた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む