ツバメの姿やっぱり少ない・NikonF5が緊急入院


① やはりツバメの姿が極端に少ない。
日本に渡ってくるルートの途中で何か大きな異変でもあったのかな。
いずれ話題に上るだろう。

② 新潟県展が開幕した。
朱鷺メッセの会場まで自転車で行ってきた。
工芸部門では「どうしたらこんな作風をイメージ出来るの」と感心と驚きの連続で、良い意味で疲れました。
ノックダウンされた心と帰り道の向かい風でヘトヘトになって帰ってきました。

③ 2台あるNikonF5のうち”弟”が8日、治療のため緊急入院した。
”兄貴”ばかり働かせ”弟”を防湿庫の中で可愛がってきたせいで怠け癖が出たか。
症状はフィルム検知不良
体の中に撮影途中のフィルムが詰まっているにもかかわらず「無い!」の一点張りになる。よ~しとばかりシャッターを押すと「クイッ、クイッ」とあえぎ声をあげフィルムカウンター表示が「1」に。
考えてみれば半年前から”体調が悪かった”ような。オーバーホールする。
”兄貴”の方は4年近く前に同じ”病院”に入院したことがある。
フィルム給装不良で、治療を兼ねオーバーホールしたがその後は元気モリモリ。
兄貴と弟。病名は少し違うが”主治医”は同じ先生になりそうだ。
全治3週間。

④ 35㍉広角レンズも体調がおかしい。
体の中、絞り羽根全面に””がでている。
体の裏側から覗き込んでそれが見つかった。今のところ”良性”で問題なく動くが、いつ”悪性”になるか心配だ。今年中にこいつも同じ病院に入院させる予定だ。

追伸:ズラズラ書いたが最初に入院が必要なのは・・・””かも。

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

カール雲・おもろい雲だよ、雲が捻じれてる・ポジRVP100

今年初の夕焼けカット・田んぼ上空の朝焼け(2か月前)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む