盆前・燃えない鳥屋野潟

盆前に撮っている。

こんな雲があれば「かなり燃えたんじゃないの?」と考えるのが普通ですね。

ところが、全然燃えない。

ギャラリーに申し訳ない程度にちょこっとだけ色づいて、そのまま夜明けを迎えたのでした。

「冗談だろ!」

叫んでしまうのは当然でしょう。

未だに、「なんで?・・」そう、思ってます。

写真は陽の出を終えた太陽が雲に隠れ、その光線が弱まった頃合を見計らってパシャリしています。

あわよくば雲の薄い部分から「太陽光が天使の階段みたいにシャ~ッと降り注ぐ」などと、妄想が膨らみましたが、これまたサッパリ。

*露出がピタッとはまったせいかクッキリだ

RVP100 Ai-Nikkor 35 f/2s NikonF5   鳥屋野潟

見た目

最近、また1人で写真を撮るようになっていたのに、近所に住んでいるらしい爺さんと仲良くなった。

いつも予期せずに現れる。

「どうですか?今日は」

なんて、突然に話し掛けられ何度もビックリしている。

ジョギング姿のその爺さん、ウエストバックからおもむろにスマホを取り出し、撮影を始める

そのスマホを操作する様をチラ見したんだけど、スムーズなんだな。

淡々と操作している。

爺さん・・なんて、外観や風貌で判断していた自分が恥ずかしいのでありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カマキリの大股開き

デジカメと親父的思考

関連記事

  1. モカ色な鳥屋野潟

    きのう掲載した写真の2,3分前、半分眠った状態で撮影しています。最近、会社…

  2. 山茶花・枯れ姿

    12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持…

  3. 春の朝陽に目覚める欅

    RICOH・GRⅢ「春の朝陽」と書けば「照らされ」と続くけど、この場合は…

  4. 狐色の実

    振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の…

  5. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

  6. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている。…

  7. きのこ一家

    2015年9月12日(土)撮影 『森のきのこ』撮影場所からわずか3,4㍍、三…

  8. 七月の朝がもうじき?

    今日は台風15号の影響で「朝、もしかすると焼けるかも」と思って鳥屋野…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。