音のしない鳥屋野潟

8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。

夏至の頃に比べ、およそ40分も日の出が遅くなり、響き渡っていたオオヨシキリのガナリ声もなくなって、ムクドリの群れがほぼ決まった時間に北の方からやって来るのを目の当たりにすると、いくら蝉の声が夏を大きく盛り上げようとも、心細いものを感じてしまいます。

虹を多く見るようになった。

季節の変わり目に現れやすいが、もうそんな時期かと思うと、やはり感傷的な気分になってしまいます。

生まれ育った地元の夏祭りが9月初旬に3日間行われますが、その時分は長袖シャツを着込んでいた記憶があります。

皮膚が感じる以上に季節は先を行っている事を実感せずにはいられません。

写真は7月下旬のいつもの鳥屋野潟。

風も止んで、流れも止まり、湖面が水鏡になった瞬間を捉えてみました。

不思議なことに音も感じなかったような。

そんな事って、あり得ないのですがね。

今年は、ウォ~と、絶句するような朝焼けにまだ巡り会えていませんが、9月に入れば何とかなるだろうなどと考えています。

RVP100 Ai-Nikkor 35 f/2s NikonF5  7月下旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

炎天下のクロイトトンボ

意地悪な雲・福島潟

関連記事

  1. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  2. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  3. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  4. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  5. 火の粉が湖面に降り注ぐ

    RICOH・GRⅢ(8月21日土曜日撮影)雲が燃えて火の粉が湖面に降り注…

  6. 寒そうな黄色いマンサク

    昨日から昼前から雪が本格的に降りだす。現在20センチ近い。昨日朝、なんにも…

  7. コバンソウの素顔

    朝陽に透けるコバンソウの実を撮ってみた。花が付いている個体を探したが…

  8. 6月22日午前4時7分

    夏至を一日過ぎた22日の鳥屋野潟。太陽の位置はよく判らないけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。