音のしない鳥屋野潟

8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。

夏至の頃に比べ、およそ40分も日の出が遅くなり、響き渡っていたオオヨシキリのガナリ声もなくなって、ムクドリの群れがほぼ決まった時間に北の方からやって来るのを目の当たりにすると、いくら蝉の声が夏を大きく盛り上げようとも、心細いものを感じてしまいます。

虹を多く見るようになった。

季節の変わり目に現れやすいが、もうそんな時期かと思うと、やはり感傷的な気分になってしまいます。

生まれ育った地元の夏祭りが9月初旬に3日間行われますが、その時分は長袖シャツを着込んでいた記憶があります。

皮膚が感じる以上に季節は先を行っている事を実感せずにはいられません。

写真は7月下旬のいつもの鳥屋野潟。

風も止んで、流れも止まり、湖面が水鏡になった瞬間を捉えてみました。

不思議なことに音も感じなかったような。

そんな事って、あり得ないのですがね。

今年は、ウォ~と、絶句するような朝焼けにまだ巡り会えていませんが、9月に入れば何とかなるだろうなどと考えています。

RVP100 Ai-Nikkor 35 f/2s NikonF5  7月下旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

炎天下のクロイトトンボ

意地悪な雲・福島潟

関連記事

  1. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  2. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  3. 秋雨と蟷螂

     『蟷螂』・・何でこんな漢字?読めても、書けない漢字である。書けなくてもさし…

  4. 東雲色の鳥屋野潟

    2015年5月1日(金)撮影 上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の…

  5. 冬の落ち葉

    吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。積雪で30センチ近くありま…

  6. いにしえの開拓者

    “清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1…

  7. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

  8. 燃える鳥屋野潟

    写真は5月21日、上沼橋の歩道上からの撮影。この週はもう1回、ドヒャ~とな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。