水草覆う福島潟

湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。

その間を埋めるようにヒシも食指を伸ばし、ジワジワと水面が覆われ始めています。

小舟の行き来するだろう水路だけは障害となるそれらは除去されているようで、次第にその通り道が浮かび上がってくるのも、もう、そろそろといった案配です。

土手の上に三脚をセットし、斜面に腰を下ろしオニギリをパクつき、家で焙煎した珈琲をカップに入れて飲みながら朝焼けの時間を堪能していたのですが、カップの中に周りを飛び交う小っちゃな虫が入り込んでしまうのですね。

手で追い払ってもいつの間にか集まってきて、空中でワヤワヤやりだす。その片割れがカップの中にポトポトと落ちるのでしょう。

気にせず呑み込みましたが喉を通過する度に分かるのですね。異物を呑み込んでいるって。

大好きな珈琲を飲みながら、近づく朝焼けの時を待つのも善し悪しであることをよく分かりました。少なくともこの時期は。

この日は土手を見渡しても私を含めて3人しか居ません。それぞれ、圏界みたいなものがあって、声が通らないほどの間隔を空けているのも面白いものです。

写真は35ミリの広角を使用しています。

ちょくちょく24ミリと交換したりしてパシャパシャやったりしてますが、画角が広くなると入れたくもないものが画面に入り込んでいました。

それで35ミリで撮影した方を掲載しています。

この後、場所を変えて移動した山懐でトノサマガエルと出会ったのでした。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 24日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アッ・・ピョンキチ?

鳥屋野潟に浚渫船が現れた

関連記事

  1. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  2. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  3. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. 福島潟・夜明けの小舟 No.2

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  5. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  6. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

  7. 静かな夜明け

    2015年12月23日(祝)撮影 たなびいたすじ雲が少しずつ朱色に染まり出す…

  8. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。