風渡る田んぼ

午後、家の前、風わたる田んぼを撮影する。

台風の影響か近くの下水処理場敷地内の樹木がザワザワと揺れ、家ではバタン、バタンと換気扇が狂ったようにうなりをあげる。

夜明け前から始まった風の怒りは、午後になっても鎮まる気配がない。

空を見ると低い雲と高い雲とでは流れていく方向も速度も若干違う。

とっさに田んぼを渡る風を撮ることにした。

突風で三脚の脚はあまり伸ばせない。

安定性を増すため脚をズブズブ地面に埋め込んだ。

風の影響でブレの原因を少しでも減らしたいため。

今日みたいな日は頑丈で重たい三脚がベストなのだが・・。

シャッタースピードを1/10ぐらいまでしたり、色々試みてみる。

また、最小絞りまでやってみたりと悪戦苦闘。

風は気まぐれだから観察も大変だ。

奥の方からまっすぐにレンズの前に吹き渡る風をイメージするが、そんなにうまくいく訳がない。

奥側から吹いてきて、こちらに向かって来たかと思うと、急に左にそれたり、田んぼの真ん中だけグサッと頭上からやってきたりと様々な動きをする。

したがってバンバンとシャッターを切る羽目になる。

犬を連れた近くのおばちゃんが気の毒そうにこちらを見ている。

結局フィルム1本使用してしまう。

RVP100 35ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

花咲く稲穂

フィルム忘れた半色(はしたいろ)の空

関連記事

  1. バッタのアクロバット

    午後、前の田んぼを見て回りました。花が咲いた稲穂があり近づいたら足元からバ…

  2. 餅雪

    フェアバンクスの雪は、空から地上へと、梯子を伝うようにいつもまっすぐ降り…

  3. たそがれどき

    2014年8月29日 撮影 残照です。日没後既に30分近く経過してます。いわ…

  4. 夕焼け田んぼ

    会社から必死の形相?で自転車こいで戻る。「田んぼに行く。夕日!」と女房に伝…

  5. 腰を痛めた環水平アーク

    彩雲か、いや環水平アークこの日は子供の運動会。小学校生活最後の行事で気合が…

  6. 夏の田んぼ

    自転車で戻って来て家に入る前に目撃した光景。真っ青な空、白い雲、まぶ…

  7. 花咲く稲穂

      「ほら、見て。アレが稲の花。わかる?見える?」近くに住んでいるという奥さ…

  8. under construction

    来年7月完成予定の新潟南病院。建設当初は地面の下ばかりガリガリやっていて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。