雪の声

「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋ったことないけど、子供の頃に降り積もる雪の声を聞いたことがある。

その雪の声を久しぶりに聞いた。

道路を行き交う車の喧噪を遠くに追いやる雪でも、空から落ちてくる姿をじっと見つめていると雪の音が近づいてくる。

雨合羽に当たって弾ける霰の音ではなく雪同士が大気中で擦れたりぶつかる音。それが連続して会話している声となって聞こえてくる。

耳鳴りかと思い地面や水面に顔を近づけると、より確かに聞こえてきた。降り積もる雪の音が加わったんだ。

響く音

小さい頃、夜、布団の中で道路に積もった雪を除雪するブルドーザーの動き回る音を聞いているのが好きだった(いつの間にか眠っていたかも)。

遠くで聞こえていたのがだんだん近づいてくる

黄色い回転灯が窓を明るくする

そのうち家全体がガタガタ震え出す

怖いというよりワクワクしてきたなぁ。「もしかしたら学校行かなくてもいいかも」とも、かなり真剣に考えたりしたものだ。

まあ、これは雪の音では無くて機械の音なんだが、生活に密着している範囲で耳にする雪の音は意外と心を鎮めたり豊かにする効果があると思っている。

写真は12月6日早朝。場所は違えど同じ時間、人波に揉まれ通勤する人々が確かにいる・・そんなこと考えると不思議な気分になってくる。

ラリってる訳じゃないからね、念のため。

鳥屋野潟公園内の石灯籠。背景は池で、よろっとシャーベット状になりだすころ。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

侘び色の実

泡沫の流れ

関連記事

  1. 松ぼっくり

    子供が松ぼっくりを拾い集めて、石の上に並べて遊んでいた。母親に断ってその並…

  2. ん?終わり?・・な・朝焼け

    この写真は7月30日の撮影。雲がどんどん染まって拡がり、「左右や頭上までい…

  3. 香り漂うロウバイの花

    1月8日に撮影したロウバイの花です。休み前に現像が上がってきましたが、13…

  4. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  5. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  6. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  7. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。