これもキノコ

右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。

キノコの一種、ホコリタケの仲間。

わずか数日で、見つけた当初より倍の大きさに成長していた。写真には写っていませんが、傍らには大なり小なり5個が鎮座している。

フランスの片田舎ではコレに似た近縁種を食用にするという。スライスしてフライパンで揚げて、パンに挟んで食べる・・なんて聞いたような。ただし、美味ではないらしい。口の中でモサモサ、ボサボサ、ネチネチしてくるみたいだ。

この個体自体はまだそんなに臭わなかったが、辺りは屁のようなヘンテコな臭いが漂っていた・・淀んだガスがその周りを覆っている・・そんな感じだ。その臭いは年老いて弾力を失って、見るからに生気のない個体から漂っている風でもある。

あと少しすると、所々にクレーターみたいな穴が空いて、使い古した台所の洗浄スポンジみたいになってくる。終いには腐り果てて分解し、周りの腐葉土に染みこんだり、風の一部となって消えていく。

湿っぽい場所や落ち葉の中で真っ白なボールを見つけたらコレと思って間違いない。

その名は「オニフスベ」(別名:藪たまご)。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s(f4、1/60) NikonF5  鳥屋野潟 8月上旬撮影

*出来るだけ明るいときに撮影しているが、それでも色かぶりが発生している。かといって露出をオーバー目にかけると表面の質感が損なわれてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・ジェット

木洩れ日とモゾモゾ

関連記事

  1. 鳥屋野潟の目覚め

    今日の話晴れたり曇ったり、雨だと思っていたらいきなり雪嵐めい…

  2. 雪の声

    「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋った…

  3. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  4. 午前5時48分の鳥屋野潟

    本日16日、午前5時48分の鳥屋野潟。会社に間に合うかどうか、一か八…

  5. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  6. 秋雨と蟷螂

     『蟷螂』・・何でこんな漢字?読めても、書けない漢字である。書けなくてもさし…

  7. ロウバイ、再挑戦

     ロウバイの写真、再挑戦です。朝、やんわり雪がちらつき、枝や葉に薄く積もって…

  8. 円形広場

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。