腐敗

炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満する。加えて、コンクリート地面の強烈な照り返しで、腐敗したような空気溜まりがあちら此方に出来上がる。

風が欲しい。風が少しでも吹いてくれるなら、透きとおるような古代蓮が咲き乱れるその場所へ、目もくれず、まっしぐらに歩を進める事が出来るというのに、これでは歩むどころか息継ぎさえままならない。

午後の陽射しはありとあらゆるものを腐らせようとする企みが見え見えだ。淀みが皮膚から染み入り、体内を一巡りする前にそそくさと退散した。

*スキャン時、モノクロ転換しています

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s(f値8) NikonF5  7月上旬撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヒメジャノメ

生まれたてトンボ

関連記事

  1. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  2. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  3. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  4. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎…

  5. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  7. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

  8. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。