腐敗

炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満する。加えて、コンクリート地面の強烈な照り返しで、腐敗したような空気溜まりがあちら此方に出来上がる。

風が欲しい。風が少しでも吹いてくれるなら、透きとおるような古代蓮が咲き乱れるその場所へ、目もくれず、まっしぐらに歩を進める事が出来るというのに、これでは歩むどころか息継ぎさえままならない。

午後の陽射しはありとあらゆるものを腐らせようとする企みが見え見えだ。淀みが皮膚から染み入り、体内を一巡りする前にそそくさと退散した。

*スキャン時、モノクロ転換しています

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s(f値8) NikonF5  7月上旬撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヒメジャノメ

生まれたてトンボ

関連記事

  1. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  2. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. レトロな朝/福島潟

    あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めて…

  5. 霞む二王子岳

    二王子岳を撮影した状況登山家の田中 陽希さんが番組「グレートトラバーズ2」…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。