腐敗

炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満する。加えて、コンクリート地面の強烈な照り返しで、腐敗したような空気溜まりがあちら此方に出来上がる。

風が欲しい。風が少しでも吹いてくれるなら、透きとおるような古代蓮が咲き乱れるその場所へ、目もくれず、まっしぐらに歩を進める事が出来るというのに、これでは歩むどころか息継ぎさえままならない。

午後の陽射しはありとあらゆるものを腐らせようとする企みが見え見えだ。淀みが皮膚から染み入り、体内を一巡りする前にそそくさと退散した。

*スキャン時、モノクロ転換しています

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s(f値8) NikonF5  7月上旬撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヒメジャノメ

生まれたてトンボ

関連記事

  1. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  2. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  3. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  4. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきま…

  5. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  6. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  7. ヨシキリの声と朝焼けと

    4時前には現地についていたけど激しく眠いし、加えて何故か過去一週間の…

  8. 冬の暁

    気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。正面ゲートから歩いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。