ヒメジャノメ

主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。

ファインダーで覗いて、彼にピントを合わせようとレンズのピントリングをグリグリ回しているうち、バックのとろけるような色彩が気になってきた。

こんな光周りの場合、このレンズ、想像以上に情緒ある写りをする時がある。解像度云々だけでは語り尽くせない微妙な色合いを魅せてくれる・・・時がたまにある。

勿論、使用するフィルムの特性にもよると思う。プロビアならもっと淡くトロ~ンとした描写になるかも知れない。ベルビアフィルム登場前、独壇場だったKodakのコダクローム64やエクタクローム100ならどんな風になっただろう・・・

そう言えば、この秋、海外でKodakエクタクローム100が再販されると聞いた。もう随分前の話だけど、あれからどうなったのだろうか。

話が横に逸れてしまった。

レンズは絞り開放f値4で撮影している。ISO100、1/80。被写体よりバックが明るいから、+1/2以上露出をかけて10枚ほど撮影した。

淡くボケる薄緑とこれまた薄い藍色、その中間に茶色が読み取れるが、撮影時は蝶の体が真ん中の茶色い部分に入るよう若干、位置を修正して撮影した・・なんて書いたところで、自己満足に過ぎないもんね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  スポーツ公園 7月9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

もしかして、大スクープ!・・?

腐敗

関連記事

  1. 鳥屋野潟/春霞

    30日も仕事である。忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない…

  2. 露の蝶

     セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。晴れて、気温が下がった…

  3. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  4. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  5. 消えたカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影 ロウバイの林の中、カマキリの卵を幾つか見…

  6. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  7. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  8. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。