はじける いのち

撮影の実際

モデルさんは一体誰なんだろう?どこかで見かけたような立ち姿。もしや、お前さんはコシアブラ・・、似ているけど、違うような。なんか怪しいんだな。

山菜は人様から頂いて食べるのは大好きだが、野山で出会って、採って持ち帰ったのはこれまでふきのとうたらのめのみ。

子供の頃に何かしら食べてしまい、とんでもない目に遭ったそのトラウマをずっと引きずっていて、それが原因で山菜を採ろうという気になれないでいる。

「なんで、どうして」と、よく言われるが、トラウマってそんなもんです。

よっぽど自信があって、その自信は絶対にブレない・・・そうでない限り採らないことにしているし、その絶対がこれまでないから、採れてもいないんだけどね。

写真で撮る

阿賀町・たきがしら湿原へのゲートが開くあいだ、近くの林道を歩いていて目にした“お方”。時間にして8時頃でしょうか。

最初「コシアブラじゃねぇ」と思ったが、袴の部分が気になるし、ちょっち、デカくもなってるし、「撮るならいいや」と。

『はじける いのち』・・この歳になって、ちょっと恥ずかしくなるような題名を付けてしまった。でも正直、これしか思い当たらない。

林道の周りは緑したたり、吹き抜ける風さえも萌え萌えしている中で、この若芽の緑色は鮮烈で目に眩しい。足を止めて見入ってしまうのは当然だろう。

撮影時は黒っぽい茎の部分が重ならないように注意した。また、背景が陽射しで明るくなる瞬間の露出値を予め覚えておき、それをもとに若干プラス補正しています。

冬の間、寒さを堪え忍んだ命が、春を迎え一気に爆発したみたい・・そう思いながらシャッターを押したつもりでいるのだが・・・。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  5月5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水面の目覚め

車輪

関連記事

  1. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  2. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  3. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  4. 稲穂とノビタキ

    過去写真 初掲載 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます…

  5. ベニスズメじゃないベニスズメ

    こんな表題にしたせいで、ややこしや~。ここでお呼びでないベニ…

  6. Daddy Longlegs

    アメリカではこの御方を親しみ込めて“Daddy Longlegs”、…

  7. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  8. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。