はじける いのち

撮影の実際

モデルさんは一体誰なんだろう?どこかで見かけたような立ち姿。もしや、お前さんはコシアブラ・・、似ているけど、違うような。なんか怪しいんだな。

山菜は人様から頂いて食べるのは大好きだが、野山で出会って、採って持ち帰ったのはこれまでふきのとうたらのめのみ。

子供の頃に何かしら食べてしまい、とんでもない目に遭ったそのトラウマをずっと引きずっていて、それが原因で山菜を採ろうという気になれないでいる。

「なんで、どうして」と、よく言われるが、トラウマってそんなもんです。

よっぽど自信があって、その自信は絶対にブレない・・・そうでない限り採らないことにしているし、その絶対がこれまでないから、採れてもいないんだけどね。

写真で撮る

阿賀町・たきがしら湿原へのゲートが開くあいだ、近くの林道を歩いていて目にした“お方”。時間にして8時頃でしょうか。

最初「コシアブラじゃねぇ」と思ったが、袴の部分が気になるし、ちょっち、デカくもなってるし、「撮るならいいや」と。

『はじける いのち』・・この歳になって、ちょっと恥ずかしくなるような題名を付けてしまった。でも正直、これしか思い当たらない。

林道の周りは緑したたり、吹き抜ける風さえも萌え萌えしている中で、この若芽の緑色は鮮烈で目に眩しい。足を止めて見入ってしまうのは当然だろう。

撮影時は黒っぽい茎の部分が重ならないように注意した。また、背景が陽射しで明るくなる瞬間の露出値を予め覚えておき、それをもとに若干プラス補正しています。

冬の間、寒さを堪え忍んだ命が、春を迎え一気に爆発したみたい・・そう思うながらシャッターを押したつもりでいるのだが・・・。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  5月5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水面の目覚め

車輪

関連記事

  1. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。