不思議な雪玉

 吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。
新潟市内を出て国道49号線を暫く走り、安田で左折、290号線に入る。
この間、藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』の冒頭部分を思い出す。
小説の中で冬の時期にこの辺りを車で走っていたシーンがあったような。
たどり着いた先は五頭山麓のドングリの森辺り。「なんでここ来たんだろう」。
不思議である。撮影が目的だがここに来るとは決めたわけではないし。
 風と木々のうなり声、そして止む気配のない吹雪。周りはほぼ白一色。
その中を踏み跡をしっかり付けながら進んでいく。
 やがて目にしたのは不思議な丸い雪玉。広い雪原にただ一個だけぽつんと。
「風で雪片が転がり続け大きくなった」と推察したが、
何故一個だけ?転がった跡もない?風が消し去ったのかな。未だに解せない。

 撮影年月日不詳   追伸 女房曰く「誰かが、遊んだ雪だるまでしょ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マルバマンサク咲く

9月の太陽

関連記事

  1. 緑に紅一点・ベニシジミ

    何処にでもいるベニシジミです。良い色合いをしていました。蝶の…

  2. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

  3. 冬枯れにヒヨドリ

    葉がすっかり散り落ちて、見るからに寒そうなハゼの木にヒヨドリがやってきた。…

  4. 柔らかな光

    撮影の実際「なんで、こんなにフラれるんだろう?」「正直に、偽りなく接して…

  5. 春花火

    2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢民家が向かい合う狭い路地を進む…

  6. 土筆とバッタ

    2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢 民家の裏山、四方が小高い丘に…

  7. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  8. 葉陰のヨシゴイ

     ”瓢湖”と言えば冬の使者”白鳥”をイメージしたくなるが夏鳥達の楽園でもあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。