不思議な雪玉

 吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。
新潟市内を出て国道49号線を暫く走り、安田で左折、290号線に入る。
この間、藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』の冒頭部分を思い出す。
小説の中で冬の時期にこの辺りを車で走っていたシーンがあったような。
たどり着いた先は五頭山麓のドングリの森辺り。「なんでここ来たんだろう」。
不思議である。撮影が目的だがここに来るとは決めたわけではないし。
 風と木々のうなり声、そして止む気配のない吹雪。周りはほぼ白一色。
その中を踏み跡をしっかり付けながら進んでいく。
 やがて目にしたのは不思議な丸い雪玉。広い雪原にただ一個だけぽつんと。
「風で雪片が転がり続け大きくなった」と推察したが、
何故一個だけ?転がった跡もない?風が消し去ったのかな。未だに解せない。

 撮影年月日不詳   追伸 女房曰く「誰かが、遊んだ雪だるまでしょ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マルバマンサク咲く

9月の太陽

関連記事

  1. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  2. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  3. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  4. ジャノメチョウ♂

    寝苦しい夜でもないのに、嫌な夢を見続けていたようです。ちょうど北朝鮮がIC…

  5. 「母の日」の母

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. きのこの子?

     キノコの名前は全く分からない。ナメコ汁は家でよく食べるが、もし袋詰めされて…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. セアカツノカメムシ

    カメムシは農作物を食い荒らす害虫として断トツ的存在であるのだけど、そうで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。