不思議な雪玉

 吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。
新潟市内を出て国道49号線を暫く走り、安田で左折、290号線に入る。
この間、藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』の冒頭部分を思い出す。
小説の中で冬の時期にこの辺りを車で走っていたシーンがあったような。
たどり着いた先は五頭山麓のドングリの森辺り。「なんでここ来たんだろう」。
不思議である。撮影が目的だがここに来るとは決めたわけではないし。
 風と木々のうなり声、そして止む気配のない吹雪。周りはほぼ白一色。
その中を踏み跡をしっかり付けながら進んでいく。
 やがて目にしたのは不思議な丸い雪玉。広い雪原にただ一個だけぽつんと。
「風で雪片が転がり続け大きくなった」と推察したが、
何故一個だけ?転がった跡もない?風が消し去ったのかな。未だに解せない。

 撮影年月日不詳   追伸 女房曰く「誰かが、遊んだ雪だるまでしょ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マルバマンサク咲く

9月の太陽

関連記事

  1. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  2. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これ…

  3. 新芽 何の木?

    2015年4月19日(日)撮影 一旦、家に戻った。家族に「どっか行くか!」と…

  4. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  5. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  6. 全面結氷した当時

    最強寒波です。この3日間は久しぶりに目を開けていられないほどの吹雪を体感し…

  7. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  8. やまゆり

     新発田市内ノ倉から旧黒川村へ通じる道路沿い、民家近くの山の林の中でドッカ~…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。