不思議な雪玉

 吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。
新潟市内を出て国道49号線を暫く走り、安田で左折、290号線に入る。
この間、藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』の冒頭部分を思い出す。
小説の中で冬の時期にこの辺りを車で走っていたシーンがあったような。
たどり着いた先は五頭山麓のドングリの森辺り。「なんでここ来たんだろう」。
不思議である。撮影が目的だがここに来るとは決めたわけではないし。
 風と木々のうなり声、そして止む気配のない吹雪。周りはほぼ白一色。
その中を踏み跡をしっかり付けながら進んでいく。
 やがて目にしたのは不思議な丸い雪玉。広い雪原にただ一個だけぽつんと。
「風で雪片が転がり続け大きくなった」と推察したが、
何故一個だけ?転がった跡もない?風が消し去ったのかな。未だに解せない。

 撮影年月日不詳   追伸 女房曰く「誰かが、遊んだ雪だるまでしょ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マルバマンサク咲く

9月の太陽

関連記事

  1. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ…

  2. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  3. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

  4. 梅雨の葉

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s+y2 Nik…

  5. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  6. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている…

  7. 花園ヨシゴイ

     藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。ちょう…

  8. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。