不思議な雪玉・文章は調子こいてますが、内容は事実なんです


吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。

新潟市内を出て国道49号線を暫く走り、安田で左折、290号線に入る。

この間、藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』の冒頭部分を思い出す。

小説の中で冬の時期にこの辺りを車で走っていたシーンがあったような。

たどり着いた先は五頭山麓のドングリの森辺り。

「なんでここ来たんだろう」

不思議である。

撮影が目的だがここに来るとは決めたわけではないし。

風と木々のうなり声、そして止む気配のない吹雪。

周りはほぼ白一色。

その中を踏み跡をしっかり付けながら進んでいく。

やがて目にしたのは不思議な丸い雪玉。

広い雪原にただ一個だけぽつんと。

「風で雪片が転がり続け大きくなった」と推察したが、何故一個だけ?

転がった跡もない?

風が消し去ったのかな。

未だに解せない。

撮影年月日不詳   追伸 女房曰く「誰かが、遊んだ雪だるまでしょ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マルバマンサク咲く

9月の太陽・9月の撮影でないかもよ 使用機種も忘れた

関連記事

  1. 大輪菊 厚もの

    「どうせなら綺麗に撮ってやれや~」親父を知る関係者が鉢物をすだれの前に…

  2. 白い虹 旧笹神村で見たんだよ 震えたよ 「消えん…

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  3. サンコウチョウのホイホイホイ、アカショウビンのキ…

    本日14日、胎内市関沢の森林公園にちょこっと寄ってきた。急に風向きが変…

  4. 手水舎の柄杓・この漢字を読める人は少ないかも・カ…

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  5. 残念な日常・トキワイカリソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  6. 色を忘れた紅葉

    灌木の裾からキジでもなくヤマドリでもない、そんな類いの野鳥がヒョッコリ姿…

  7. 春の三姉妹・関川村 吊り橋を渡り温泉宿を右に見な…

    春先は一面のカタクリで文字通り足の踏み場もありませんが小川沿いではフキノト…

  8. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。