不思議な雪玉

 吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。
新潟市内を出て国道49号線を暫く走り、安田で左折、290号線に入る。
この間、藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』の冒頭部分を思い出す。
小説の中で冬の時期にこの辺りを車で走っていたシーンがあったような。
たどり着いた先は五頭山麓のドングリの森辺り。「なんでここ来たんだろう」。
不思議である。撮影が目的だがここに来るとは決めたわけではないし。
 風と木々のうなり声、そして止む気配のない吹雪。周りはほぼ白一色。
その中を踏み跡をしっかり付けながら進んでいく。
 やがて目にしたのは不思議な丸い雪玉。広い雪原にただ一個だけぽつんと。
「風で雪片が転がり続け大きくなった」と推察したが、
何故一個だけ?転がった跡もない?風が消し去ったのかな。未だに解せない。

 撮影年月日不詳   追伸 女房曰く「誰かが、遊んだ雪だるまでしょ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マルバマンサク咲く

9月の太陽

関連記事

  1. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  2. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  3. 緑の血潮

    阿賀町・たきがしら湿原♬・・手のひらを太陽に すかしてみればまっかに流れ…

  4. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  5. 赤谷・連続洞門

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  6. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  7. チョウトンボ

    アヤメなんだか菖蒲なんだかよく分かりませんが、その葉っぱ、いや茎?の根元近く…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。