朝霧の向こうから水鳥たちの鳴き交わす声が波のように押し寄せてくる

首にタオル巻いて、マスクして防寒対策ヨシ!

朝霧が出そうな予感がし早めに岸辺に立ったが、あまりの寒さに体が震えた。

明るくなるんで、まだ相当な時間がある。

ピョン、ピョン飛び跳ねて体を温める。

その様子が他人には異様に感じたのか誰も寄りつかない。

しばらくすると遠く葦原の向こうからガン、ヒシクイ、ハクチョウ達のざわめきが聞こえだした。そして徐々に大きな波音となって一気に押し寄せてきた。

湖面では霧が立ち始め夜明けの一時、薬味を加えてくれた。

木霊するような水鳥たちの声する声に包まれながらやがて自らも霧に覆われていく。

ベルビア100 55ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬支度 ・ポジフィルムがカラーネガのように発色した

藪の中 マユミの実・弓の材料になる木とは知らなかった

関連記事

  1. Spur Silversalt Dev.でモノク…

    NikonF3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro …

  2. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。躰は今…

  3. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を…

  5. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  6. W杯/日本対ベルギー ハーフタイムの福島潟

    縞模様の曇がたなびいている。北から南へ、幾筋も。でも、頭の中はワールドカ…

  7. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。この…

  8. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。