冷え込んだ夜明け

 首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。
「来てちょーだい」。寒くてピョンピョン跳ねながら叫んでいる私。誰も寄りつかない。
「来てちょーだい」は「朝焼け来てちょーだい」の意味なのに。
周りはそんなの知る訳もなく、私一人が蚊帳の外。
福島潟正面の岸辺で待機。遠く葦原の向こうからガン、ヒシクイ、ハクチョウ達
のざわめきが聞こえだし、夜明けの訪れを知らしてくれた。
 それが、大きな音の壁となって一気に押し寄せてくる。
湖面では霧が立ち始め夜明けの一時、薬味を加えてくれた。
木霊するような水鳥たちの声する声に包まれながら
やがては自らも霧に覆われていく。

 ベルビア100 55ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬支度

藪の中 マユミの実

関連記事

  1. 白鳥は内股で歩く

    大きさは僕の手の平ほど。これで水かきがあるということは白鳥で…

  2. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  3. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  4. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  5. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせい…

  6. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  8. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。