姫が踊る

小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので『ヒメオドリコソウ』と、名付けたのだろう。

辞書等を使って調べたわけでもなく、感覚的にそう思ってきたが、この花を目にした方は誰でも、的を射た名前であると感じるはず。

「ひめ・・」なんていう可愛らしい言葉にはいにしえ人の自然を愛でる豊かな感性や慈しむ心が、宿っているのだろうと考えてしまいます。『稚児(チゴ)・・』なんかもそうだし。

小さな草花や野の花は心和む存在なんだなと、改めて思います。

春は一気に弾けて、気づかないうちに駆け抜けていくようです。まごまごしていたら、春が来ていたことさえ忘れてしまうし。

撮影場所は鳥屋野潟公園と隣接するスポーツ公園ながたの森。

堆肥が埋まっているのか、腐ったようなにおいが漂っている中で、地面に伏せるような形で、太陽を向こうに回して撮っています。

背景がスッキリと抜けるように、盛り上がった花園を選んでいますが、そのまま撮ると被写体が黒くつぶれてしまうので、レフで少しだけ光を当て、違和感ないような感じでパシャリ、パシャリしています。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  4月2日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

すぐそこにある春

夜明けの霧潟

関連記事

  1. 松ぼっくり

    子供が松ぼっくりを拾い集めて、石の上に並べて遊んでいた。母親に断ってその並…

  2. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  3. 香り漂うロウバイの花

    1月8日に撮影したロウバイの花です。休み前に現像が上がってきましたが、13…

  4. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  5. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  6. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  7. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。