人知れず野ブドウの実

この記事は1分で読めます

鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づかないでしょう。

夏はヨモギやイタドリの陰に、秋は外来種のセイタカアワダチソウの足元に隠れ、また野イバラの密生した枝と絡んでいて関心がない限り分かりません。

目立つようになるのは実が熟した頃からでしょう。

乳白色を基調に、薄紫色、ヒスイ色と日本の伝統色を思わせる色合いの数珠玉がお目見えします。

深く渋みのある色彩です。

にもかかわらず目を引かないのは野ブドウ自体の美しさが足りないのではなく、自生している環境が陰鬱で雑然としているせいなのかもしれません。

ベルビア100 55ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2018.02.16

    凍吹雪
  2. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
  3. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。