人知れず野ブドウの実

鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づかないでしょう。

夏はヨモギやイタドリの陰に、秋は外来種のセイタカアワダチソウの足元に隠れ、また野イバラの密生した枝と絡んでいて関心がない限り分かりません。

目立つようになるのは実が熟した頃からでしょう。

乳白色を基調に、薄紫色、ヒスイ色と日本の伝統色を思わせる色合いの数珠玉がお目見えします。

深く渋みのある色彩です。

にもかかわらず目を引かないのは野ブドウ自体の美しさが足りないのではなく、自生している環境が陰鬱で雑然としているせいなのかもしれません。

ベルビア100 55ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ニコンD4sが欲しい

期日前投票の朝 

関連記事

  1. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  2. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  3. 蝶の時間

     『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  4. 清五郎の夕焼け

    2015年5月9日(土)撮影夕方、鳥屋野潟公園に行く。道路がいつもより混雑…

  5. 冬の落ち葉

    吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。積雪で30センチ近くありま…

  6. ネコの“指先”

     「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」 「母さん、…

  7. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

  8. コバンソウの素顔

    朝陽に透けるコバンソウの実を撮ってみた。花が付いている個体を探したが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。