人知れず野ブドウの実

鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づかないでしょう。

夏はヨモギやイタドリの陰に、秋は外来種のセイタカアワダチソウの足元に隠れ、また野イバラの密生した枝と絡んでいて関心がない限り分かりません。

目立つようになるのは実が熟した頃からでしょう。

乳白色を基調に、薄紫色、ヒスイ色と日本の伝統色を思わせる色合いの数珠玉がお目見えします。

深く渋みのある色彩です。

にもかかわらず目を引かないのは野ブドウ自体の美しさが足りないのではなく、自生している環境が陰鬱で雑然としているせいなのかもしれません。

ベルビア100 55ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ニコンD4sが欲しい

期日前投票の朝 

関連記事

  1. 広がる朝焼け/鳥屋野潟

    台風の影響か、夜明け前からムッとする南風が時折吹いて、その度に岸辺から沸…

  2. 蛸足絞り・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ本日29日の鳥屋野潟。時刻は5時28分になります。…

  3. 採らずに撮った冬きのこ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1…

  4. 燃えない鳥屋野潟、追いつかない頭

    最近、朝は燃えないどころか曇っていて、知らずに白んでいるケースが多い…

  5. 鳥屋野潟トロリンチョ

    本日、奥様の退院日。放射冷却現象が起きる。見渡す限り霧の中。地表近くと上空…

  6. 天女はどこへ消えた? 

    天女の羽衣みたいに見えたのは気のせいかな。現像が出来上がってくる間、「露出…

  7. 菖蒲(あやめ)

    2015年5月10日(日)撮影 鳥屋野潟公園 ”流れ“の小路沿いの菖蒲(あや…

  8. 黄花とカマキリの卵

    2015年10月12日(祝)撮影 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。