福寿草・パラボナアンテナ

体調が回復してきたのか、傍らでビールをあおる女房が気になりだした。

ゴク、ゴクと喉を震わせ飲んでは、プッワ~と目の前で息を吹きかけてくる。

「なんか、治ったみたいだな」「一口でいいから飲ませろ!」とせがんだら、日本酒を飲むお猪口にホントに一口分だけを注いで、手渡してくれた。

有り難い!チビリ、チビリ舐めるようにして、口にしていたのであるが、やっぱり、飲んだ気にもなりませんね。こういうやり方は。味が妙に薬ぽい。

それどころか、中学生の頃、隠れてチビリやっていたあの頃の自分の姿が忽然と思い浮かんできたんだな。親父の晩酌時に興味本位でやっていた。

チビリやると妙にほろ苦さを感じる。あの味が過去を思い起こさせたんだな。

結局、お猪口一杯どころか、舌を濡らした程度で止めてしまいました。

写真は昔、県庁の森で撮影したもの。ちょうど今頃の2月中旬でした。

パラボナアンテナ状に花開き、太陽熱を吸収中の福寿草。

そのせいで、回りに降り積もった雪だけが、姿形に沿ってきれいに溶け出している。

RVP 100㎜ microlens NikonF5 新潟県庁・県庁の森にて(既出写真)

*過去に一度掲載済みであるが、写真は新たにスキャンしています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝陽沸く

時候雑記

関連記事

  1. 年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

    新潟西港の港湾機能維持の為に信濃川上流域から運ばれてきた堆積土砂の浚…

  2. 新潟西港・臨海埠頭

    山の下みなとタワーの大階段上段から埠頭を望んだ図。この日はい…

  3. シュワッチな天井

    妙に寒い夜だったなぁ。静かだったし。「もしかしたら、もしかし…

  4. ハイキー調・ときめき橋

    昨日夕刻の『ときめき橋』。今日、この橋を娘の送迎のため2回渡…

  5. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  6. 夜の萬代橋

    新潟県人なら誰でも知っている萬代橋。風が強く、コンデジを比較…

  7. 秋の夕空

    暑い一日(気温34度を記録)が終わろうとしている。蒸し暑さが…

  8. 青い空に波打つタワー

    2月24日日曜の青空は新潟に居ながら東京で仰ぎ見たそれにそっくりで、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。