みんな霧のなか

冬場は夕食時、鍋になる時が実に多い。

昨日は“豚だし鍋”だった。豚肉と野菜が主体だと思っていたが、ホタテ、たら・・その他諸々入っていて、それはそれで旨かった。

さぞ、準備に大変だっただろうに・・と、優しい言葉を掛けたら、なんと、「これ?なにさ~ 包丁でぶった切って、そのままドンよ」。

あれやこれや色々と考えるより手っ取り早いとのことだった。

写真は鳥屋野潟。

向こうに見えるスタジアムが霧の中に消えようとしている。

湖面からある一定の高さで安定していた霧だったが、次第に濃くなり、しかも、波長の長い朝の陽を浴びていたから、博多ラーメンのスープ
みたいになってきた。

湖面を境に霧が上下に割れていく。

*前回WordPress版ブログに掲載した写真の数分後の鳥屋野潟です。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 2014年4月24日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟/春霞

春待つシジュウカラ

関連記事

  1. 松ぼっくり

    子供が松ぼっくりを拾い集めて、石の上に並べて遊んでいた。母親に断ってその並…

  2. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  3. 落ち葉のカタチ

    葉っぱのカタチ・・何に見えるかな?葉っぱの持ち主は?雪面に落ちた…

  4. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジライ…

  5. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  6. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  7. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。